SACD

交響曲第5番 ショルティ&シカゴ交響楽団(1970)(シングルレイヤー)(限定盤)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCGD9035
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
限定盤

商品説明

「SACD〜SHM仕様」シリーズ第25回発売
ショルティ&シカゴ交響楽団/マーラー:交響曲第5番(1970)


音声は非圧縮で収録!
シングルレイヤー仕様により反射率向上!
SHM仕様により読取精度向上!
生産限定盤

今年(2012年)が生誕100年のショルティ。数多のシカゴ交響楽団との伝説的名演の記念すべきスタートとなった、シカゴ響との最初の録音がこのマーラー第5。複雑な構造、スコアの細部まで解き明かした演奏は、現在でも色褪せない魅力を放っています。(Universal Music)

【収録情報】
・マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調

 シカゴ交響楽団
 サー・ゲオルク・ショルティ(指揮)

 録音時期:1970年4月
 録音場所:シカゴ、メダイナ・テンプル
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 ※SACD対応プレイヤーで再生できます。


「SACD〜SHM仕様」シリーズ

原音に限りなく忠実な再生を可能にしたSuper Audio CDに、SHM素材を用いた高音質仕様。超高サンプリングレートによる圧倒的な高音質を特徴とするSACDは、1999年に規格化されて以来、再生に際しては専用のSACD対応プレイヤーが必要となるにも関わらず、熱心な音楽ユーザーからの支持を獲得してきました。 この度の製品開発においては、さらなる高音質を追及すべく、「新素材」と「原点回帰」をコンセプトに次の4点に取り組み、マスター音源に近いアナログ的な質感とスケール感を再現致しました。

「SACD〜SHM仕様」特徴

1.透明性と流動性に優れる SHM(R)素材をボディに使用 → 透明性の高い液晶パネル用ポリカーボネート素材を採用することにより、レーザーが反射膜までの距離をより正確に往復できると共に、正確なピットを形成する為に必要な流動性にも優れています。

2.シングルレイヤー方式の採用により、音楽情報を余すところなく読み取るに十分な反射率を確保 → 現在主流のSACDレイヤーの上層にCDレイヤーを併せ持つハイブリッド型ではなく、SACD層のみを有するシングルレイヤー型を採用することで透過性を排除します。 これによって音楽情報を余すところなく読み取るに十分な反射率を確保しました。 尚、SACD対応再生機以外では再生できません。

3.圧縮なしで2ch音声を収録 → 全ての作品において非圧縮データの収録を可能にすべく、SACD層を2chに特化(一般的なSACDでは、約半分のサイズに可逆圧縮した音声を収録)。

4.最良のマスター音源を厳選 → 既存のDSDマスターから、新たにアナログテープをダイレクト・リマスタリングしたものまで、最良のマスター音源を厳選しています。(Universal Music)

収録曲   

  • 01. 交響曲 第5番 嬰ハ短調 第1部 第1楽章:Trauermarsch.In gemessenem Schritt.Streng.Wie ein Kondukt
  • 02. 交響曲 第5番 嬰ハ短調 第1部 第2楽章:Sturmisch bewegt.Mit grosster Vehemenz
  • 03. 交響曲 第5番 嬰ハ短調 第2部 第3楽章:Scherzo.Kraftig,nicht zu schnell
  • 04. 交響曲 第5番 嬰ハ短調 第3部 第4楽章:Adagietto.Sehr langsam
  • 05. 交響曲 第5番 嬰ハ短調 第3部 第5楽章:Rondo-Finale.Allegro

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
21
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
待ってました!ショルティ&シカゴ響のマー...

投稿日:2016/12/04 (日)

待ってました!ショルティ&シカゴ響のマーラー5!SACDシングルレイヤー盤アンコールプレス発売!買い逃しのないようお早めに!名盤‼

井熊 さん | 静岡県 | 不明

2
★
★
★
★
★
この曲の終楽章のフーガをフーガのままきち...

投稿日:2014/10/28 (火)

この曲の終楽章のフーガをフーガのままきちんと聴かせられる点だけでも評価できる。これがしっかりできる指揮者はそう多くないし。

ym さん | 東京都 | 不明

1
★
★
☆
☆
☆
正直言って、購入前はどんな音になるのか期...

投稿日:2013/02/20 (水)

正直言って、購入前はどんな音になるのか期待でいっぱいでした。しかし、実際に聴いてみて、えっ、こんなにしょぼい音なのかとがっかりしたものです。演奏はいまさら説明する必要はないほどすばらしいものですが、シングレイヤーSACDになると、音が痩せて痩せて聴こえてきます。私は、もっと飛んでくる音を期待しすぎたのかもしれません。

HISAN さん | 岡山県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品