マルグリット・デュラス

人物・団体ページへ

マルグリット・デュラスの食卓

マルグリット・デュラス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784865820461
ISBN 10 : 4865820469
フォーマット
出版社
発行年月
2022年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
67p;18

内容詳細

デュラスの愛した料理、そして人生―息子であるジャン・マスコロが編み、紆余曲折をへて日の目を見た「幻」のレシピ集、待望の邦訳!料理好きのデュラスがノートに書きつけていたレシピの数かず。日々の暮らしのなかで、書くことと同じくらい「創る人」であり続けた作家の、みずみずしい感性と気どらない素顔が、生前のインタビューや作品の言葉とともに浮かび上がる。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けろりん さん

    料理は、孤独な作業だ。それは執筆と同じで、人生もまた然り。しかし、食べものは万人のために作られるが、文章はその限りではない。塩水で調理し、ニョクナムで味を付けた淡水魚と、貨物船の匂いが染み付いた米、メコン川の屋台のスープで育てられた少女は、長じて創造者となり、友人たちのために料理を作る。彼らを愛しているとは言わないし、抱きしめもしない、社交的ではないし、優しくもない、彼女の不器用な愛情表現。狭い台所に詰めかけた人々の美味しい!の声を背中で聞き、密やかに笑みを浮かべて。秘密のノートに綴るレシピ、美味の来歴。

  • くさてる さん

    デュラスの個人的な料理メモ(他人がレシピとして使うようには書かれていない)とインタビューがまとめられた小さな本。その薄さと小ささが、そのまま良質の料理のように思える、滋味あふれる文章がたくさん見つかる本だった。

  • きゅー さん

    マルグリット・デュラスの息子による、デュラスのインタビューとレシピを編集した一冊。 彼女の死後出版となるのだが、デュラス作品の編集権を遺贈されていたヤン・アンドレアが本書の編集に異議を唱えて訴訟を起こしたため、2014年のヤンの死まで配本が差し止められていたという。レシピといってもふだん私たちが目にしているようなものではなく、もっと大雑把な、個人的なメモのようなものだ。 ベトナム風オムレツ、中華風サラダ(ニョクマム使用)など、彼女のルーツがベトナム(当時はフランス領だった)にあることを思い出させてくれる。

  • GO-FEET さん

    あのマルグリット・デュラスが料理好きとは知らなんだ…… 「肉の最上の部位といえばアントルコート 〔リブロース〕、アレニェ〔腰骨付近の希少部位〕、バヴェット〔カイノミ〕、そしてお好み次第ではオングレ〔サガリ] だ。 グリルに牛の脂身(肉屋で一切れもらいなさい)またはラードを塗ってから、ビーフステーキを焼きなさい。溶かしバターはだめ。焦げ目をつけても、(炭で)あぶってもよく、アンチョビ・バターか、エシャ ロット・バターで食べる。ビーフステーキと最も合うのは、ポムピュレ〔マッシュポテト〕だと私は思う。」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品