Pcrの誕生 バイオテクノロジーのエスノグラフィー

ポール・M・ラビノー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784622039624
ISBN 10 : 4622039621
フォーマット
発行年月
1998年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • harass さん

    文化人類学の基本書30で取り上げられていて、現物を偶然見つけたので借りる。80年台からの米国バイオテクノロジーベンチャー企業シータス社の研究者や経営者などにインタビューし、移り変わりを文化人類学的視点で描く。てっきり、のちにノーベル賞を受賞するRCP、遺伝子情報を増大させる手法を生み出したキャリー・マリスが主役かと読んでいったがそうではない。彼はクビ寸前のはみ出し者で、アイデアだけしかなかったそうだ。多数のスタッフと高額な研究機器が必須な現代の科学研究の実態に驚く。専門用語が連発する箇所は飛ばした。

  • かみのさかな さん

    PCR法とは、ポリメラーゼ連鎖反応という幅広い分野で応用されているDNA増幅の技術で、DNA鑑定にも不可欠な「二重らせん構造の発見と並ぶ世紀の大発明」だそうな。でも、聞き慣れない用語ばかりでちんぷんかんぷん(笑)理論だけでなく現場で科学者がどのように動いているかを観察・記述する科学社会学の一冊に位置づけられていますが、本書の謳い文句「人類学的手法を生かした異色の民族誌」としては微妙で、ジャーナリスティックな目線でしか読めず…。ラビノウは『ミシェル・フーコー 構造主義と解釈学を超えて』の共著者として有名?

  • driver1988 さん

    私はテッキリPCRが発明されるまでの伝記かと思っていたのだが、違った。著者がそもそも分子生物学者ではないからだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品