デカメロン 上 河出文庫

ボッカッチョ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309464374
ISBN 10 : 4309464378
フォーマット
出版社
発行年月
2017年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
560p;15

内容詳細

ペストが蔓延する十四世紀フィレンツェ。郊外に逃れた男女十人が面白おかしい話で迫りくる死の影を追い払おうと、十日の間語りあう百の物語。不滅の大古典の全訳決定版、第一弾。

【著者紹介】
ジョヴァンニ・ボッカッチョ : 1313年、イタリア、トスカーナ生まれ。ルネサンス期を代表する作家、人文学者。代表作に、物語文学の最高傑作といわれる『デカメロン』。晩年には若い頃より心酔していたダンテの『神曲』講義も行なう。1373年没

平川祐弘 : 1931年、東京生まれ。東京大学名誉教授(比較文学比較文化)。『東の橘 西のオレンジ』でサントリー学芸賞受賞、『ラフカディオ・ハーン』で和辻哲郎文化賞受賞、マンゾーニ『いいなづけ』の翻訳で読売文学賞・日本翻訳出版文化賞受賞。紫綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • コジ さん

    イタリアの名作古典。なのにここ読書メーターでは意外に登録数が少ない。なぜか?ボリュームがあるのが原因か、それとも艶笑で道徳的にちょっとな話が多いからなのか?たしかに10人の男女が10日間1日1話ずつ語れば合計100話。多いといえば多いが、1話ずつ区切りをつけて読んでいけば問題なし。上巻を読んだ限りでは殆ど艶笑な話だが、決して下品な作りではない。面白く為になりながらも、ちょっと艶な話の数々。もっと多くの人が登録しても良い気がすると思いつつ中巻へ。

  • em さん

    冒頭のペストの描写「ぐりぐり」は表現が柔らかいだけに異様に怖いのですが、そのあとは楽しい世界。ご婦人方がたまたま現れた男性グループを郊外に誘うくだりや、自分の美を堂々と礼賛する歌「わたしの美しさは慰めです」など、物語の"枠"の部分にも面白味が満載。集まった男女は、日がわりの女王・王(主宰者)が決めたテーマに沿って語りを披露します。そのスケジュールがまたなんとも優雅。朝の散策〜ご馳走〜踊り〜昼寝〜物語会〜遊興〜晩餐〜歌の披露と、贅沢な時間の極み。今すぐ混ぜて頂きたいです。

  • しんすけ さん

    今まで種々の翻訳(野上素一、柏熊達夫、岩崎純孝)で読んできたが、今回の平川祐弘が日本語として一番こなれている様に思う。 ぼく自身の日本語理解が、漸く最近平均状態に到達したとも云えるから以前の翻訳が不味かったとは断定できない。 それは別にして『デカメロン』を愉しい短編集だと、今は自信をもって言い切ることができる。 なかでも、坊主(牧師)が登場する物語は特に面白い。この坊主たち現代日本の仏教坊主に似て、助平・吝嗇・横柄な者たちばかりだ。

  • roughfractus02 さん

    19世紀ヴィクトリア朝にポルノグラフィーが出てきたように、15世紀ペストが猛威を振るう時代に『デカメロン』の艶笑譚が世に出る。政治体制への批判という同様の枠組みを背景にしながら、前者の解剖学的な人体描写が死と退廃を仄めかすのに対し、隠喩を駆使する後者が性と生を謳歌するように見えるのは、蔓延する死を笑いで吹き飛ばそうとするからか。ギリシャ語タイトルから死後の世界を教える教会のに反する異教性を匂わす本書は、ラテン語で記される教会規範を転倒させる性と暴力と残酷のテーマを列挙しつつ、不謹慎な笑いを読者にもたらす。

  • ゆいぞう さん

    デカメロン(十日物語)ペストから逃れるために郊外にきた十人が一話ずつ十日間話す。すべらない話!上巻はほとんど笑ってた。印象に残った話は友達にもして一緒に大笑いできた。それくらい現代でも通用する話がたくさん。上巻→第一日は各自一番お気に入りの話、第二日は散々な目に遭いながら予想外なめでたい結末を迎えた人の話、第三日は欲しがった物を知恵を働かせて手に入れた人や一度無くした物をまた取り戻した人の話。上巻が一番面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ボッカッチョ

1313年、イタリア、トスカーナ生まれ。ダンテ、ペトラルカと並び、ルネサンス期を代表する文学者。1327年頃から父親が経営を任されていたバルディ銀行ナーポリ支店で見習いを始めるが、実業より文学に情熱を燃やす。ナーポリ宮廷に出入りする機会も多く、宮廷に集う知識人や学者と親しくなって古代の古典文学を学ぶ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品