CD 輸入盤

弦楽四重奏曲全集 アマデウス四重奏団(7CD+ブルーレイ・オーディオ)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4835645
組み枚数
:
7
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

20世紀、世界をリードしたアマデウス四重奏団の
心に迫るベートーヴェン演奏


アマデウス四重奏団がドイツ・グラモフォンと契約していた23年間、その名前は「見事な音楽作り」を意味していました。レパートリーの中心にはドイツ=オーストリアの四重奏曲作品があり、おそらくベートーヴェンのツィクルスはこの四重奏団への賛辞として最も相応しく、彼らの心に最も近いものと言えるでしょう。CD7枚組+ブルーレイ・オーディオ。(輸入元情報)

【収録情報】
CD1

ベートーヴェン:
1. 弦楽四重奏曲第1番ヘ長調 Op.18-1
2. 弦楽四重奏曲第2番ト長調 Op.18-2
3. 弦楽四重奏曲第3番ニ長調 Op.18-3

 録音:1961年、ハノーファー

CD2
1. 弦楽四重奏曲第4番ハ短調 Op.18-4
2. 弦楽四重奏曲第5番イ長調 Op.18-5
3. 弦楽四重奏曲第6番変ロ長調 Op.18-6

 録音:1961年、ハノーファー

CD3
1. 弦楽四重奏曲第7番ヘ長調 Op.59-1『ラズモフスキー第1番』
2. 弦楽四重奏曲第8番ホ短調 Op.59-2『ラズモフスキー第2番』

 録音:1959年、ハノーファー

CD4
1. 弦楽四重奏曲第9番ハ長調 Op.59-3『ラズモフスキー第3番』
2. 弦楽四重奏曲第10番変ホ長調 Op.74『ハープ』

 録音:1959年(1)、1960年(2)、ハノーファー

CD5
1. 弦楽四重奏曲第11番へ短調 Op.95『セリオーソ』
2. 弦楽四重奏曲第12番変ホ長調 Op.127
3. 大フーガ 変ロ長調 Op.133

 録音:1960年(1)、1963年(2)、1962年(3) ハノーファー(1)、ベルリン(2,3)

CD6
1. 弦楽四重奏曲第13番変ロ長調 Op.130
2. 弦楽四重奏曲第14番嬰ハ短調 Op.131

 録音:1962年、ベルリン(1) 1963年、ハノーファー(2)

CD7
1. 弦楽四重奏曲第15番イ短調 Op.132
2. 弦楽四重奏曲第16番ヘ長調 Op.135

 録音:1962年(1)、1963年(2)、ベルリン

 アマデウス四重奏団
  ノーバート・ブレイニン(第1ヴァイオリン)
  ジークムント・ニッセル(第2ヴァイオリン)
  ペーター・シドロフ(ヴィオラ)
  マーティン・ロヴェット(チェロ)

 ステレオ録音(アナログ/セッション)


【Blu-ray Audio】
● 上記全曲を24-bit/192kHzリマスター音源で収録

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
大変残念ながらブルーレイ ・オーディオか...

投稿日:2020/02/09 (日)

大変残念ながらブルーレイ ・オーディオから出る音は古色蒼然とした痩せて乾いた音です。 チェロも平板で量感がありません。 なぜかCDの方がまだ聴きやすいです。 教会の椅子が眠くならない様に、わざと固く作ってあると聞いた事を思い出しました。 しかし精神を聞き取る前に折れます。 ブルーレイ ・オーディオにするならイタリアSQをやって頂きたかった。 同じブルーレイ ・オーディオならタカーチSQの方がは48KHzながら比較にならないくらい豊潤で美しいです。

Gunslinger さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
デジタル臭さのないアナログレコードのよう...

投稿日:2018/04/26 (木)

デジタル臭さのないアナログレコードのような演奏。古き良き時代の最良の遺産の一つである。アマデウスはブラームスなどでコクのある印象深い名演奏を残しているが、このベートーヴェンも暖かい、懐のゆったりとした名演と言える。死ぬまで手許に置いておくディスクである。

silver さん | 岐阜県 | 不明

3
★
★
★
★
★
今では見向きもされなくなった全集だが、聴...

投稿日:2012/01/23 (月)

今では見向きもされなくなった全集だが、聴き返してみると他にはない暖かみと豊かな歌のある演奏で面白い。昔はベートーヴェンのスタンダードとして高い評価を得ていたが、ABQやエマーソンのような鋭く快活な演奏が主流の今ではかなり個性的。響きは厚く古くさい(このCDはアナログ盤より痩せている)、歌いすぎて柔らかい、ピッチやアンサンブルは大雑把など、技術的にも他盤に劣るものの、何故かこの野暮ったくて懐かしい響きに魅了されてしまう。後期作品はさすがに甘くちと異質だが、古きよき時代の名カルテットの偉大な遺産として今後も愛聴したい。

ワレンペラー さん | 広島県 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品