SACD 輸入盤

劇音楽『エグモント』 ディルク・カフタン&ボン・ベートーヴェン管弦楽団、オルガ・ベツメルトナ

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
93721116
組み枚数
:
1
レーベル
:
Mdg
:
Germany
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

台本と音楽の素晴らしい融合で感動を与える

ゲーテの劇作品の中でも、『エグモント』は精神的不安や葛藤を抱えた主人公たちが生き生きと描かれた比類ない作品です。新しい首席指揮者ディルク・カフタンとボン・ベートーヴェン管弦楽団による演奏で、Matthias Brandtが劇作家のTilman Bottcherとともにこの劇の新しい台本を手がけ、感動的に役を演じています。台本と音楽が劇の中で素晴らしい融合を見せています。(輸入元情報)

【収録情報】
● ベートーヴェン:劇音楽『エグモント』 Op.84


 オルガ・ベツメルトナ(ソプラノ)
 マティアス・ブラント(語り)
 ボン・ベートーヴェン管弦楽団
 ディルク・カフタン(指揮)

 録音時期:2018年
 録音方式:ステレオ(デジタル)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品