CD 輸入盤

交響曲第9番『合唱』 フルトヴェングラー&バイロイト(1951)(ブライトクランク)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TKC339
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

恐るべし! ブライトクランク・マスター
フルトヴェングラー、バイロイトの第9


【制作者より】
小生が学生時代に聴いたフルトヴェングラーの量産品のブライトクランク盤は、もっと寝ぼけた音だったはずであり、当時の再生装置から今のはグレードアップしているとは言え、その分を差し引いても、今回の見本盤の音は良過ぎです。ご承知のように見本盤は、マスターからスタンパーが起こされ、最初に手動でプレスされた盤のことで、きわめてマスターに近い音が再生されます。この度、ブライトクランクは実に驚くべき音で鳴っていたことが、完璧に保存されていた見本盤によって実証されました。
 今回の当CDの復刻においては、最高音質と謳われた当社TKC309よりダイナミックレンジも、きわめてナチュラルな広がりを見せております。さらに、合唱がこれまでのどの盤より明瞭に分離し、演奏のディテールもより克明に聞こえるようになった点です。まさに、あなどるなかれブライトクランクです。揺るぎなき往年の音を最上級のクオリティで楽しんでいただけます。(オタケン・レコード 太田憲志)

【収録情報】
・ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調Op.125『合唱』

 エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ)
 エリーザベト・ヘンゲン(コントラルト)
 ハンス・ホップ(テノール)
 オットー・エーデルマン(バス)
 バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 録音時期:1951年7月29日
 録音場所:バイロイト祝祭劇場
 録音方式:モノラル(ライヴ)
 音源:ブライトクランク白レーベル非売品見本盤

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
板起こしとしては上々の出来で、プチプチノ...

投稿日:2019/02/04 (月)

板起こしとしては上々の出来で、プチプチノイズはほとんど気にならない。肝心の音質は疑似ステレオゆえピントがボケ気味でモヤモヤ感がつきまとうのは仕方ない。弦が柔らかく響くため、EMIから出た正規ブライトクランクCDよりは質感が良いと思う。コーラスは舞台奥から残響を伴って聞こえてきて、モノーラル盤よりも聞きやすいのは確かである。EMI系の正規CDに感じるデジタル処理による音の漂白作用があまり感じられない点は評価できるけれど、古い音源であるので過度な期待はしない方が無難だと思う。

ROYCE さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
1951年7月29日、ドイツ・バイロイト、バイ...

投稿日:2016/12/17 (土)

1951年7月29日、ドイツ・バイロイト、バイロイト祝祭劇場での実況録音。元の録音はモノーラルだが、ドイツ・エレクトローラ・レーベルが開発した疑似ステレオシステム、「エレクトローラ・ブライトクランク」によってステレオ化されたものである。演奏内容については今更クドクド書く必要もないだろう。あまりにも有名な「バイロイトの第九」である。 「バイロイトの第九」のブライトクランク盤はLP時代にリリースされたが、疑似ステレオを嫌う評論家の受けは余りよくなかったようである。以前にリリースされていた旧東芝EMIの国内盤はマスターテープが経年劣化していたせいか、音質はあまり芳しくはなかった。2011年、日本のインディーズレーベル、 オタケンレコードが未通針できわめて保存状態の良い非売品見本盤LPを音源として(いわゆる板起こし)ブライトクランク盤CDを作成、リリースした。僕も 入手したのだがその音質の抜群なこと!!オタケンの復刻技術の優秀さはよく知られていたが、正直これほどとは、と驚いた。経年劣化したマスターテー プよりも、状態の良いLPやSPから復刻したほうが音質が良いというのはクラシックファンの間では知られていたが、このオタケン盤はそれを実証している。 ライナーノーツでオタケンレコード代表の太田憲志氏も書いているように、演奏のディテール、特に合唱がとても聴き取りやすくなったのが本盤の特色であり、非常に生々しく、その場にいた人たちの息遣いまで伝わってくるかのようである。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

4
★
★
★
★
★
昔、安い再生装置と廉価盤のレコードを聴い...

投稿日:2011/11/04 (金)

昔、安い再生装置と廉価盤のレコードを聴いていたおかげ?で、翻訳能力が鍛えられ、多少の音の悪さには対応出来るようになりました。90年に、解説にある量産品を聴いて感動しました。当時、評論家諸氏の評価は良くなかったと記憶しています。以来、様々なCDを購入しましたが、私は、第3、第5。第7番、それと、量産品のヵップリングの「マイスタージンガー」「未完成」の疑似ステレオ盤を愛聴してきました。今回のブライトクランクのマスターですが、良い装置でないので、違いはあまりわかりませんでしたが、もう、これで十分満足です。このシステムは、フルトヴェングラーのためだけに開発されたのかどうかは判りませんが、他の指揮者の演奏もあって 良いと思います。私は、原音信仰マニアではありませんし、記録芸術では、何らかの加工があると思います。そもそも、ワンポイントといっても、2つのマイクから情報が入り、2つのスピーカーから発した音を聞くわけですから、生演奏を2つの耳で聞くのとは違っていると思います。ともあれ、人それぞれですが、ブライトクランク、好きです。今後も聞き続けるでしょう。

風 さん | 福岡県 | 不明

7

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品