ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第3番『英雄』 朝比奈隆&ベルリン放送交響楽団(1989)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SSS0104
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ついに発見! 朝比奈隆1989年ベルリン芸術週間ライヴ
ベルリン・ドイツ響との『エロイカ』! デジタル録音
ヨーロッパ・ライヴ第1弾


「1994年、私が朝比奈隆をシカゴ交響楽団に招くことを決意したとき、当時私はオーケストラの総裁であったが、音楽監督バレンボイムを説得する要があった。彼は朝比奈がどんな指揮をするか全く知らなかったので。私が朝比奈のブルックナー交響曲第8番のレコードをかけると、バレンボイムは即座に承諾した。そして優れて観察力の鋭いコメントをした。朝比奈はフルトヴェングラーのリハーサルに立会い彼と話をしたことがあると私が言うと、バレンボイムは『実のところ、彼の指揮は私に同時期だけれど別のドイツの巨匠−クナッパーツブッシュをより強く思い起こさせる』と答えた。この言葉を私は常に覚えている。このディスクの『英雄』交響曲を聴くとき、この言葉こそまさに的を射たコメントである」
ヘンリー・フォーゲル(元シカゴ響総裁)のライナーノートより

当演奏は日本でもFMで放送されたものです。そのアプローチは同年の新日本フィルとの名盤となんら変わるところはありませんが、ベルリン・ドイツ響(当時はベルリン放送響)のソリスティックな部分の妙技や音色の味わいの濃さには抗し難い魅力があります。朝比奈と同オケとの共演は放送収録を含めて複数回に及びますが、この演奏会が最後の共演となりました。新聞批評は真っ二つに割れたと言われておりますが、鳴りっぷり豊かで構えの大きい演奏は朝比奈ファンなら納得の名演であることは言うまでもありません。スケルツォ冒頭の極端な遅さなど朝比奈が自分の解釈を名門オケで試しているかのようです。この年ベルリン芸術週間は第39回目。7月に亡くなったカラヤンを偲ぶ追悼演奏会も含まれた豪華版でした。2ヵ月後には壁崩壊という劇的な変化の真っ只中のベルリンで、まだまだ元気一杯の巨匠朝比奈が渾身の力を込めて振った『エロイカ』の登場です。朝比奈ヨーロッパ・ライヴ第1弾。英語・日本語・ドイツ語によるライナーノート付。(東武トレーディング)

【収録情報】
・ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調op.55『英雄』
 第1楽章:アレグロ・コン・ブリオ [20:22]
 第2楽章:葬送行進曲(アダージョ・アッサイ) [18:27]
 第3楽章:スケルツォ(アレグロ・ヴィヴァーチェ)&トリオ [06:52]
 第4楽章:フィナーレ(アレグロ・モルト) [13:10]
 ベルリン・ドイツ交響楽団
 朝比奈隆(指揮)

 録音時期:1989年9月24日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:デジタル(ライヴ)
 第39回ベルリン芸術週間ライヴ

【朝比奈隆ヨーロッパ・ライヴ 今後の発売予定】
・ブルックナー:交響曲第6番(トーンキュンストラー管弦楽団)
・ハイドン:交響曲第92番、99番(ベルリン・ドイツ響)
・シュトラウス:アルプス交響曲(ベルリン・ドイツ響)
・ベートーヴェン:交響曲第4番(スウェーデン放送響)
・ショスタコーヴィチ:交響曲第1番(エーテボリ交響楽団)、他

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
朝比奈のエロイカは新日フィルとのフォンテ...

投稿日:2020/01/13 (月)

朝比奈のエロイカは新日フィルとのフォンテック盤も良いがこのベルリン放送響とのライヴも最高!優秀オケを得て朝比奈が理想的エロイカを描き上げた。雄弁な低弦から管楽器の鮮やかさ、そしてここぞと言う場面で見事にキメるティンパニ等々、やはりオケの魅力が大。1楽章はもちろん反復しているが冗長さは皆無、スローながら触れると爆発しそうな緊張感を孕み一瞬も弛緩しない。第2楽章のフーガや終楽章コーダのゴッツイ表現は朝比奈ならでは。また演奏の素晴らしさに加え録音も超優秀、同オケのシュタインやヴァントを完全に凌ぐ超名演!

スノードロップ さん | 広島県 | 不明

1
★
★
★
★
★
超名演だが70年代から大フィルとのコンビで...

投稿日:2017/07/04 (火)

超名演だが70年代から大フィルとのコンビで朝比奈を聴いてきた私にとっては、違和感もある。美しすぎるのだ。朝比奈のベートーヴェンは、もっと筋骨隆隆でドスの利いたものだった。あの迫力、生命力は、大フィルの表現力ゆえだったと、今更ながら分かった

座頭 さん | 兵庫県 | 不明

2
★
★
★
★
★
メジャーな曲や演奏家のディスクは、もうあ...

投稿日:2011/06/25 (土)

メジャーな曲や演奏家のディスクは、もうあまり買わないことにしているが、「音楽の浄財プロジェクト」で激安ということで購入した。この演奏がうまくいっているひとつの理由は、「ためてためて」の朝比奈隆と、「どんどん行って」のベルリンドイツ交響楽団が、ちょうど良いバランスでかみ合っているからだと思う。朝比奈隆の器の大きさを味わうことができた。 録音は、ライブとしてはかなり高水準である。各楽器の定位が明確で音場感も豊か、後方の壁からの反響音も自然にとらえられている。エンジニアはクレジットされておらず、RIASのエンジニアかもしれないが、相当な熟練者だと思われる。「切ってつないでフェーダー上げて・・・」という不自然なところがないので安心して聴ける。

colourmeister さん | 愛知県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品