ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲全集 ヘルベルト・ブロムシュテット&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(5CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ACC80322CD
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


90歳、巨匠ブロムシュテットとゲヴァントハウス管弦楽団
ついにベートーヴェン・チクルスが完成!
長年、築き上げた信頼関係の集大成がここに!


ブロムシュテットによるベートーヴェンの交響曲全集が登場。オーケストラは、ブロムシュテットが1998年から2005年の7年間に渡ってシェフを務めた、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団。現在も名誉指揮者として定期的に指揮台に立ち、絶大な信頼を獲得しています。ブロムシュテットは、2017年7月に90歳の誕生日を迎え、ACCENTMUS MUSICはこれを記念して、2014年から2017年の間に録音された同コンビによるベートーヴェン交響曲全曲のCDセットをリリース、大巨匠の栄光を讃えます。
 世界で最も古い伝統を誇る名門オーケストラ、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団は、これまでにコンヴィチュニー、マズア、シャイーなどとベートーヴェン交響曲全集を残しており、それらも歴史に残る素晴らしいものでした。しかしブロムシュテットは同楽団の任期中にはベートーヴェンの全集録音をしておらず、今回待望の録音となりました。ブロムシュテット自身は、シュターツカペレ・ドレスデンと全集を録音しているので今回で2度目の全曲録音となります。ブロムシュテットの解釈は、ベートーヴェン自身のオリジナルのメトロノーム記号に従い、速めのテンポで運ぶ演奏は、年齢を感じさせない躍動感あふれるもの。そして同時に堅実な解釈、しなやかで瑞々しい音楽は、まさに円熟の極みと言えるでしょう。(写真© Gert Mothes)(輸入元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン:交響曲全集


● 交響曲第1番ハ長調 Op.21
● 交響曲第2番ニ長調 Op.36
● 交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』
● 交響曲第4番変ロ長調 Op.60
● 交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命
● 交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』
● 交響曲第7番イ長調 Op.92
● 交響曲第8番ヘ長調 Op.93
● 交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』

【第9番のソリスト、コーラス】
 シモナ・シャトゥロヴァー(ソプラノ)
 藤村実穂子(アルト)
 クリスティアン・エルスナー(テノール)
 クリスティアン・ゲルハーヘル(バリトン)
 MDR放送合唱団
 ゲヴァントハウス合唱団
 ゲヴァントハウス児童合唱団

 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
 ヘルベルト・ブロムシュテット(指揮)

 録音時期:2014年5月(第8番)、2014年12月(第3番)、2015年5月(第7番)、2015年12月(第2&9番)、2016年5月(第6番)、2017年1月(第5番)、2017年3月(第1&4番)
 録音場所:ライプツィヒ、ゲヴァントハウス・コンサートホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
13
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ブロムシュテットが老境に至って完成させた...

投稿日:2022/02/08 (火)

ブロムシュテットが老境に至って完成させたベートーヴェンの交響曲全集。商品を手に取って、ジャケットの写真をじっと見る。人によって、歳の取り方は様々だが、ブロムシュテットは実に良い表情をしている。加えて、このアルバムのアートワークも素晴らしい。指揮者も老境に至って、取るテンポが遅くなることはよくあるが、ブロムシュテットは無関係のようだ。テンポは実に心地よいし、音色も軽やかである。第3番”英雄”の最初の二つの和音を聴けば、この全集の、ブロムシュテットが意図したところが分かる気がする。第5番は、まさにベートーヴェンという響きがして、なぜか懐かしい気持ちになった。この作品が紛れもなく交響曲というジャンルにおける最高峰であることが確信できる、そのような演奏である。第6番”田園”も、実に軽やかな表現だが、第4楽章の嵐の場面の荒々しい表現が際立っている。第7番は、第5番に通じるところがあるが、王道の演奏という感じがひしひしと伝わる。第8番は、ことによると、この全集の白眉と言えるかも知れない。軽やかで、華やかなところは、ブロムシュテットが目指すベートーヴェンの理想形なのではないだろうか。第9番”合唱”は、第8番で表現したものを、声楽を加えることで、より具現化したものであろう。第4楽章における合唱はまさしく”歓喜の歌”であることを実感する。この期に及んで、ベートーヴェンが希望した響きは、自分が生まれたボンではなく、南ドイツあるいはもっと南の世界にあったような気が、ふっとした。ゲヴァントハウス管は、すっかり現代的な響きをもつオケになっているが、いわゆるピラミッド型の重低音を聴くと、伝統は確かに続いているなと安心した。

Ichirokagawa さん | 香川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ケレン味は皆無。ベーレンライターに沿って...

投稿日:2021/07/07 (水)

ケレン味は皆無。ベーレンライターに沿ってインテンポ。それがいい。 ベートーヴェンの曲自体に、すでに大きな感情の揺れを内包している。だから演奏でことさらそれを煽ったり、つまびらかにする必要性を感じない。その姿勢は心の平静と融通無碍から得るものか。そんな演奏と受け止めた。

アベマ太郎 さん | 福井県 | 不明

0
★
★
★
★
★
昨今、ピリオド楽器やピリオド奏法が幅をき...

投稿日:2021/05/18 (火)

昨今、ピリオド楽器やピリオド奏法が幅をきかせるベートーヴェン演奏。モダン楽器のオーケストラでベートーヴェンの交響曲を演奏する意味は? という問いへの答えが、作曲者の生誕250年を機に次々と示されたが、小生としては、このブロムシュテットとライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏が最良の回答。ブロムシュテットは、若い頃より断然素晴らしい。音楽は溌剌として瑞々しく、老いの陰や枯れた気配など微塵も感じさせない。ゲヴァントハウス管弦楽団も生気に溢れ、その名に恥じぬ響きでありアンサンブルだ。指揮する、されるという関係が感じられず、まさに鞍上人なく鞍下馬なし、とはこういうことか。『ブロムシュテット自伝−音楽こそわが天命−』の224頁以降に、ベートーヴェンに関する興味深い記述があるので一読をお奨めしたい。

Erdinger さん | 神奈川県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト