CD 輸入盤

交響曲全集 ウィリアム・スタインバーグ&ピッツバーグ交響楽団(5CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4838344
組み枚数
:
5
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


スタインバーグの「幻の名盤」、DGよりCD化

ウィリアム・スタインバーグとピッツバーグ交響楽団は1962年に35ミリ・マグネティック・フィルムによるベートーヴェン交響曲全曲録音を始めました。スタインバーグのベートーヴェンに対する真面目で控えめなアプローチは批評家に温かく受け入れられ、作品自身に語らせる指揮者として高く評価されました。しかしLPとして名盤とされながら、なかなかCD化の機会に恵まれませんでした。今回ドイツ・グラモフォンからの初めてのCDとして、1960年代に「Command Classics」に録音されたスタインバーグのベートーヴェン交響曲ツィクルスが発売されます。CD5枚組ボックス。
 ウィリアム・スタインバーグは1899年ケルン生まれ。NBC交響楽団でアルトゥーロ・トスカニーニのアシスタントを務めた後、1952年にピッツバーグ交響楽団の音楽監督に就任しました。(輸入元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン:交響曲全集


Disc1
1. 交響曲第1番ハ長調 Op.21
2. 交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』

Disc2
1. 交響曲第2番ニ長調 Op.36
2. 交響曲第4番変ロ長調 Op.60
3. 『レオノーレ』序曲第3番 Op.72b

Disc3
1. 交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』
2. 交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』

Disc4
1. 交響曲第7番イ長調 Op.92
2. 交響曲第8番ヘ長調 Op.93

Disc5
● 交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』

【第9番のソリスト、コーラス】
 エラ・リー(ソプラノ)
 ヨアンナ・シモンズ(メゾ・ソプラノ)
 リチャード・ニーズ(テノール)
 トーマス・ポール(バス)
 ピッツバーグ・メンデルスゾーン合唱団

 ピッツバーグ交響楽団
 ウィリアム・スタインバーグ(指揮)

 録音時期:1964年4月27-29日(第1番、第2番)、1963年4月29日〜5月1日(第3番)、1962年4月30日〜5月2日(第4番、第7番、序曲)、1965年6月7-9日(第5番、第6番)、1966年4月4-8日(第8番、第9番)
 録音場所:ピッツバーグ、ソルジャーズ&セイラーズ・メモリアル・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)


ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
忘れられた巨匠になってしまっていますね。...

投稿日:2020/03/18 (水)

忘れられた巨匠になってしまっていますね。もう45年以上前になるでしょうか来日公演を聞きに行きました。過去の独墺系指揮者の系譜を引いた重厚でち密な腹にずっしるくるアンサンブルに圧倒された記憶があります。楽しみですね。

8

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品