CD 輸入盤

交響曲全集&序曲集 セル&クリーヴランド管弦楽団(5CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88883737152
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ベートーヴェン:交響曲全集&序曲集
ジョージ・セル&クリーヴランド管弦楽団


大編成オーケストラを指揮しながら、引き締まった美学を貫いたセルのベートーヴェン演奏には定評があります。中でも改装前のセヴェランス・ホールの見事な音が聴ける第3番『英雄』は、合奏それ自体が一種の凄みを漂わせた演奏として有名なもので、全編、まさに音が立っているという印象。冒頭のカッコイイ和音からハイテンションなスケルツォ、そして終楽章の一糸乱れぬコーダまで、その力強くいさぎよい音楽づくりには終始しびれっぱなし。この肥大感を拒絶してひたすら結晶化に向かうかのような傾向は、独自の端正な美感を醸成することにつながっており、明快な音で克明に表出される音楽の構造、小気味良いフレージングも実に快適です。
 ベルリンのb-sharpスタジオにおけるリマスター。なお、このセットにはブックレットは付いておりません。(HMV)

【収録情報】
ベートーヴェン[1770-1827]
Disc1
・交響曲第1番ハ長調 Op.21
・交響曲第6番ヘ長調『田園』Op.68
・エグモント序曲 Op.84

Disc2
・交響曲第3番変ホ長調『英雄』Op.55
・交響曲第8番ヘ長調 Op.93

Disc3
・交響曲第4番変ロ長調 Op.60
・交響曲第7番イ長調 Op.92
・シュテファン王 序曲Op.117

Disc4
・交響曲第2番ニ長調 Op.36
・交響曲第5番ハ短調 『運命』Op.67

Disc5
・交響曲第9番ニ短調『合唱付』Op.125
・フィデリオ 序曲Op.72

 アデーレ・アディソン(S)
 ジェーン・ホグソン(M)
 リチャード・ルイス(T)
 ドナルド・ベル(Br)
 クリーヴランド管弦楽団&合唱団
 ジョージ・セル(指揮)

 録音時期:1964年(1&2番), 1962年(6番), 1963年(5番), 1957年(3番), 1961年(8&9番), 1963年(4番),1959年(7番), 1966年(シュテファン王), 1967年(フィデリオ) , 1967年(エグモント)
 録音場所:クリーヴランド、セヴェランス・ホール, ロンドン(フィデリオ)
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Symphony No. 1 in C Major, Op. 21 / I. Adagio Molto - Allegro Con Brio
  • 02. Symphony No. 1 in C Major, Op. 21 / II. Andante Cantabile Con Moto
  • 03. Symphony No. 1 in C Major, Op. 21 / III. Menuetto - Allegro Molto E Vivace - George Szell
  • 04. Symphony No. 1 in C Major, Op. 21 / IV. Finale. Adagio - Allegro Molto E Vivace
  • 05. Symphony No. 6 in F Major, Op. 68 "Pastoral" / I. Allegro Ma Non Troppo (Erwachen Heiterer Emfindungen Bei Der Ankunft Auf Dem Lande)
  • 06. Symphony No. 6 in F Major, Op. 68 "Pastoral" / II. Andante Molto Moto (Szene Am Bach)
  • 07. Symphony No. 6 in F Major, Op. 68 "Pastoral" / III. Allegro (Lustiges Zusammensein Der Landleute)
  • 08. Symphony No. 6 in F Major, Op. 68 "Pastoral" / IV. Allegro (Gewitter Sturm)
  • 09. Symphony No. 6 in F Major, Op. 68 "Pastoral" / V. Allegretto (Hirtengesang: Frohe Und Dankbare Gefhle Nach Dem Sturm)
  • 10. Egmont Overture, Op. 84

ディスク   2

  • 01. Symphony No. 3 in E-Flat Major, Op. 55 "Eroica" / I. Allegro Con Brio
  • 02. Symphony No. 3 in E-Flat Major, Op. 55 "Eroica" / II. Marcia Funebre. Adagio Assai
  • 03. Symphony No. 3 in E-Flat Major, Op. 55 "Eroica" / III. Scherzo. Allegro Vivace
  • 04. Symphony No. 3 in E-Flat Major, Op. 55 "Eroica" / IV. Finale. Allegro Molto
  • 05. Symphony No. 8 in F Major, Op. 93 / I. Allegro Vivace E Con Brio
  • 06. Symphony No. 8 in F Major, Op. 93 / II. Allegretto Scherzando
  • 07. Symphony No. 8 in F Major, Op. 93 / III. Tempo Di Menuetto
  • 08. Symphony No. 8 in F Major, Op. 93 / IV. Allegro Vivace

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
16
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
総じてつまらなかった。まるで精密機械が演...

投稿日:2017/10/27 (金)

総じてつまらなかった。まるで精密機械が演奏しているといった感じで、例えばワルターのような温かさやウィーンフィルのような美しさといったものは微塵も感じられなかった。だから聴いていてつまらない。確かに第2番での鋭い切り込みや第9番での畳み込むような推進力には魅力を感じたものの、全9曲を通じての感想といえば前記のとおりとなった。これがセルが冷たい演奏をするといったいわれかも知れない。私にとっては残念ながら一生のライブラリーとまでにはならなかった。この全集を聴く時間があれば他の演奏家のものを聴いた方が高齢の私には有意義という結論になった。

遊人王月曜日 さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
★
★
これは素晴らしかった。クリュイタンス・BP...

投稿日:2016/08/15 (月)

これは素晴らしかった。クリュイタンス・BPO と並ぶ、名全集である。力強さ・叙情・包容力・・全てがトップクラスの高次元で纏まっている。特に第九は歌手陣が立派で、オラトリオかオペラを演じているかのような壮麗さである。同じシリーズのラインスドルフの全集よりも、こちらのほうが素晴らしい。カラヤンの全集は、一度聴いただけで棚に仕舞い込んでしまったが、セルの全集は生涯手許に置いておきたいと思える名演揃いです。家宝にします。

silver さん | 岐阜県 | 不明

4
★
★
★
☆
☆
No.8は屈指の名演。ただ、それ以外はどうか...

投稿日:2014/10/26 (日)

No.8は屈指の名演。ただ、それ以外はどうか。ベートーヴェンの交響曲全集は今や星の数ほどある。これが録音された当時と比べて、録音もオーケストラの質も世界的に上がっている。No.8以外は、絶賛するほどのものだとは思えなかった。

saitaman さん | 埼玉県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト