LPレコード 輸入盤

ピアノ協奏曲第5番『皇帝』 アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ、カルロ・マリア・ジュリーニ&ウィーン交響楽団 (アナログレコード/Deutsche Grammophon)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4837862
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

ミケランジェリとジュリーニというふたりの巨匠の共演による《皇帝》です。妥協を許さないミケランジェリのピアノは、地中海の青さにもたとえたれる美しさを持ち、ジュリーニは見事に彫琢されたオーケストラによって、それを支えています。この演奏が持つ気品と力は、文字通り《皇帝》の名に相応しいものといえましょう。

ベートーヴェン: ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品83 《皇帝》
アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(ピアノ)
ウィーン交響楽団 指揮:カルロ・マリア・ジュリーニ
録音:1979年2月 ウィーン (ライヴ)

(メーカーインフォメーションより)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
16
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ミケランジェリの演奏から感じられる完璧な...

投稿日:2021/07/21 (水)

ミケランジェリの演奏から感じられる完璧な造形の元は一体何なんでしょうね。凄いの一言です。音楽的な部分はほぼ全て完璧なのだと思いますが、この人のリズム感は特に半端ないと個人的には思います。タイミングが常に絶妙なんですよね。この皇帝も然り。

マルモ さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
皇帝としての威厳をそなえた超名演である。...

投稿日:2021/03/04 (木)

皇帝としての威厳をそなえた超名演である。冒頭部分から他の演奏とは全く違うピアノの音色に驚かされる。MQA-CD化され音質も良く情報量も多い。高価なSACDプレーヤーが必要ないことがうれしい。ジュリーニの指揮も重厚で良い。曲の良さを感じることができる一品である。

LFA さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ベートーヴェンは大好きなんですが、「皇帝...

投稿日:2021/02/22 (月)

ベートーヴェンは大好きなんですが、「皇帝」はあんまり好きじゃなかったんですよ。なんかちょっといい曲すぎて、ダサいように感じていました。「ベートーヴェンはやっぱり、交響曲とかピアノソナタとか。苦悩や葛藤が描かれていないと!」って思っていたんですよね。 そんな僕にベートーヴェンの協奏曲の聴き方を教えてくれたのがこの泣く子も黙る完璧主義者、ミケランジェリの超名演奏です。もうとにかく、ピアノの音が綺麗!美音の中の美音!そしてミケランジェリの「完璧」なピアノの音色を聞かされているうちに、次はどんなふうに弾くんだろう?ピアノからはこんなに美しい音が出るのか!と驚かされます。 交響曲では「苦悩を突き抜け歓喜へ!」と人生観を叫んだベートーヴェンでしたが、ピアニストでもあったベートーヴェン。ピアノ協奏曲では、「こんな綺麗な乙女のような音も出るよ?」「こんな骨太なごっつい音も出るよ?」「こんなオーケストラにも負けない和音も出るよ?」と楽しそうにピアノの魅力と可能性を伝える、ピアノ大好きオタクなベートーヴェンが垣間見えるような気がします。

私的決定盤レビュー さん | 愛媛県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品