Hi Quality CD

ピアノ協奏曲第1番、第3番 アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ、カルロ・マリア・ジュリーニ&ウィーン交響楽団(MQA/UHQCD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG41007
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Hi Quality CD
その他
:
限定盤

商品説明

ベートーヴェン100 premium
アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ/ピアノ協奏曲第1番、第3番


【MQA-CD】【UHQCD】【グリーン・カラー・レーベルコート】【生産限定盤】【ベートーヴェン生誕250周年】
20世紀を代表する最も個性的なピアニストの一人でありながら、その完璧主義ゆえに正規録音が極めて少ないベネデッティ・ミケランジェリ。この録音は、彼がテレビ放送のために行った演奏会のライヴ録音で、第1番、第3番ともに彼の唯一の録音です。ジュリーニ指揮のウィーン響との相性の良さも完璧です。(メーカー資料より)

【収録情報】
ベートーヴェン:
● ピアノ協奏曲第1番ハ長調 Op.15
● ピアノ協奏曲第3番ハ短調 Op.37

 アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(ピアノ)
 ウィーン交響楽団
 カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮)

 録音:1979年2月(第1番)、9月(第3番)、ウィーン(ライヴ・レコーディング)

内容詳細

20世紀を代表するピアニストのひとり、ミケランジェリによるベートーヴェンのピアノ協奏曲第1、3番。1979年に開催されたTV放送のための演奏会のライヴ録音で、ジュリーニのサポートのもと、怜悧なピアニズムで圧倒する。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
全く無駄のなく考えつくされた末にカッティ...

投稿日:2020/10/21 (水)

全く無駄のなく考えつくされた末にカッティングされた最高に美しいダイヤモンドの細工作品を見るような演奏です。月並みな言葉を使いたくありませんが「美意識」「男の美学」の極です。ジュリーニの伴奏も全てが両者の同意の上に展開されている絵物語です。 この2人のベートーヴェンピアノ協奏曲が1・3・5番のみに終わったのは本当に残念です。しかし、この3曲は他の誰もが追い付けない名演でした。是非、聴かれることをお勧めします。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品