CD 輸入盤

ピアノ協奏曲第1番、他 グールド(p)ゴルシュマン&コロンビア交響楽団

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88697147532
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

グールド/コンプリート・ジャケット・コレクション

・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番 Op.15
 録音:1958年4月29,30日 ニューヨーク、コロムビア30番街スタジオ
・バッハ:ピアノ協奏曲第5番 BWV 1056
 録音:1958年5月1日 ニューヨーク、コロムビア30番街スタジオ
 グレン・グールド(ピアノ)
 コロンビア交響楽団
 ヴラディーミル・ゴルシュマン(指揮)

収録曲   

  • 01. Beethoven: Piano Concerto No.1 Op.15
  • 02. J.S.Bach: Piano Concerto No.5 BWV.1056

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ベートーベンが一見古典的なスタイルのなか...

投稿日:2017/11/29 (水)

ベートーベンが一見古典的なスタイルのなかで「音楽はどこまで前衛的になれるか」を試した作品。彼にはこういう作品はいくつかある。例えばディアベルリの変奏曲とか、大フーガとか。中でこの曲が最も進んでいると思う。この曲の第一楽章展開部当たりのいくつかの音は、調性の軸がぐるぐる回る様で、その素晴らしさにはいつも唖然としてしまう。まるでストラビンスキーみたい。 さて、こういった曲の特性を味わおうと思ったら、古典的で典雅で優雅なピアノではだめ、逆にロマンティックなピアノでもダメ。 超絶技巧で切れがよく、音楽のもつ感情や歴史性など無視して、どんなフレーズもビシッと決める。そういうピアノでないと。そういった意味でこのグールドはベートーベンのピアノ協奏曲第一番の演奏にぴったりだ。

gkrsnama さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
結局グールドのベートーヴェンコンチェルト...

投稿日:2010/10/15 (金)

結局グールドのベートーヴェンコンチェルト 5番から始まり全部買ってしまいました。この1番は聴いていて非常に楽しいです。ベートーヴェン自身この曲の作曲当時はピアニストとしての名声で活躍していたので、腕の披露的なことは当然考えられます。まさにベートーヴェンはこう弾いていたんだな・・と納得させられました。カデンツから一定のリズムで第1楽章 The End まで一気に行ってしまう所など意表を突かれた気になり斬新でした。バッハも重厚でよかったです。全曲揃いまして私はなんの悔いもありません。

アッキ さん | 茨城県 | 不明

2
★
★
★
★
★
ベートーヴェンの1番は個人的にはグールド...

投稿日:2010/06/21 (月)

ベートーヴェンの1番は個人的にはグールドが最高だと思っている。早いテンポに才気溢れるフレーズ処理。聞いてこんなに楽しい1番はない。ゴルシュマンの指揮もいいし、ニューヨークの団体のほうのコロンビア交響楽団の反応も痛快。グールド自作カデンツァも違和感なし。

フォアグラ さん | 愛知県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品