ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

Blu-spec CD 2

ピアノ協奏曲第1番、交響曲第1番 マルタ・アルゲリッチ、小澤征爾&水戸室内管弦楽団

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD1452
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Blu-spec CD 2

商品説明


クラシック界の2大巨匠、夢の共演!

2017年度最大のクラシック話題盤! 巨匠二人の夢の競演!
 小澤征爾&水戸室内管弦楽団ベートーヴェン・シリーズ第4弾。2017年5月、水戸芸術館で行われた水戸室内管弦楽団第99回定期演奏会は、マルタ・アルゲリッチがゲストに招かれ、小澤征爾指揮でベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番を演奏しました。2回のコンサートはいずれも完売で、圧倒的な演奏に満員の聴衆はスタンディング・オベーションで二人の巨匠を称えました。アルゲリッチと小澤征爾は2015年のセイジ・オザワ松本フェスティバルでも共演。このときは、小澤征爾80歳記念コンサートでベートーヴェンの合唱幻想曲を演奏しました。二人の共演はそれ以来。水戸でのコンサートのあと、別府アルゲリッチ音楽祭でも同じプログラムを演奏しました。
 交響曲第1番は2017年1月に行われた水戸室内管弦楽団第98回定期演奏会のライヴ録音。小澤征爾の力みなぎる指揮がオーケストラから溌剌とした演奏を引き出しています。
 録音にはサイトウ・キネン・オーケストラの録音も手掛けているデッカのドミニク・ファイフとクラシック・サウンドのジョナサン・ストークスが来日。2曲とも水戸でのコンサートをライヴ録音したものです。
 コンサートの模様は、水戸芸術館FACEBOOKページにレポートされております。既に大きなニュースとして『NHK World Newsroom Tokyo』にて紹介されました。(メーカー資料より)

【収録情報】
ベートーヴェン:
1. ピアノ協奏曲第1番ハ長調 op.15
2. 交響曲第1番ハ長調 op.21


 マルタ・アルゲリッチ(ピアノ:1)
 水戸室内管弦楽団
 小澤征爾(指揮)

 録音時期:2017年1月(2)、5月(1)
 録音場所:茨城県、水戸芸術館
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

内容詳細

小澤&水戸室内o.のベートーヴェン交響曲シリーズ第4弾。小澤は溌剌とした指揮で、第1番交響曲からベートーヴェンらしさを引き出していく。同じアプローチでの協奏曲は、羽ばたくアルゲリッチを上手に捕まえて、ニュアンス豊かな音楽世界を作り上げていく。この2曲で“興奮”できるとは!(堀)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ものすごくいい演奏です。小澤征爾さんと水...

投稿日:2021/03/04 (木)

ものすごくいい演奏です。小澤征爾さんと水戸室内管弦楽団、そしてアルゲリッチ。皆さんとても素晴らしい。アルゲリッチのピアノの音色がとても光っています。皆さんとても素晴らしい演奏をされています。小澤さんがお元気なら、アルゲリッチと全集作ってほしいです。

よし さん | 京都府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト