CD 輸入盤

ピアノ協奏曲全集 アンスネス、マーラー・チェンバー・オーケストラ(3CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88843058872
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集(3CD)
レイフ・オヴェ・アンスネス、マーラー・チェンバー・オーケストラ


3枚のアルバムでリリースされてきたアンスネスのベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集が早くもボックス化。
 この全集は、全世界55都市・150回に及ぶ演奏会でベートーヴェンのピアノ協奏曲をとりあげるアンスネスの一連の公演の中から、ソフト化を前提におこなわれたライヴ録音とセッション録音を集めたもので、どれも演奏・音質ともに優秀な水準に仕上がっていると評されてきたものです。
 アンスネスはこれまで、モーツァルトとハイドンのピアノ協奏曲の弾き振り録音で高い評価を得ており、それに連なるものとしてベートーヴェンの録音も待たれていただけに、今回の全集の登場は歓迎されるところです。

【マーラー・チェンバー・オケ】
共演のマーラー・チェンバー・オーケストラは、1997年にアバドによって創設されたオーケストラで、マーラー・ユーゲント・オーケストラの出身者によって構成されています。現在、ハーディングが桂冠指揮者を務めるこのオケは、腕利き揃いのオケとしても知られており、活きの良さ、思い切りの良さに加え、小編成ゆえのパート間の有機的な繋がりが感銘深い音楽をつくるとこが多いのが特徴。また、よく音を聴き合う彼らのスタイルは協奏曲ジャンルにも非常に有効で、これまでに、ユジャ・ワンとのラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番や、イザベル・ファウストとのブラームス:ヴァイオリン協奏曲、ヤンセンとのチャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、メルニコフとのショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲集、カプソンとのハイドン:チェロ協奏曲集など高評価の録音をいくつもリリースしてきました。

【旧知のエンジニアとの録音】
データを見て驚くのは、EMIでアンスネス・サウンドを数多く送り出したノルウェー人エンジニアのアルネ・アクセルベルイとイギリス人プロデューサーのジョン・フレーザーが名を連ねていること。しかも会場は、豊かで質の良い間接音で知られるプラハの名ホール「ルドルフィヌム」ほかということで、かなりのクオリティが確保されています。(HMV)

【収録情報】
Disc1
● ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番ハ長調 Op.15
● ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番ハ短調 Op.37

 録音時期:2012年5月22,23日
 録音場所:プラハ、ルドルフィヌム、ドヴォルザーク・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

Disc2
● ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 Op.19
● ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調 Op.58

 録音時期:2013年11月
 録音場所:ロンドン、聖ジュード教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc3
● ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 Op.73『皇帝』
● ベートーヴェン:合唱幻想曲ハ短調 Op.80

 録音時期:2014年5月20,21日
 録音場所:プラハ、ルドルフィヌム、ドヴォルザーク・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

 レイフ・オヴェ・アンスネス(ピアノ、指揮)
 プラハ・フィルハーモニー合唱団(Op.80)
 マーラー・チェンバー・オーケストラ

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
シューマンとグリーグの演奏で好きになった...

投稿日:2015/03/03 (火)

シューマンとグリーグの演奏で好きになったアンスネスのベートーベンの全集、しかもこの廉価ですから、有無を言わず飛びつきました。第1番・第2番・合唱幻想曲は初めて聴く曲でした。ベートーベンの合唱付きオーケストラ作品と言うと交響曲第9番のような大編成を連想してしまいますが、「合唱幻想曲」は管弦楽は室内楽的であり、合唱も小編成で合唱というより小さなオペラの四重唱という印象です。 CD全体についてはMartinさんのレビューをどうぞ私も同感です。

ガメラ さん | 群馬県 | 不明

2
★
★
★
★
★
アンスネスの渾身のベートーヴェン全集。 ...

投稿日:2014/10/06 (月)

アンスネスの渾身のベートーヴェン全集。 小規模のマーラーチェンバーオケだからこそなし得たバランス感覚と各パートのモーティフの際立たせの工夫など大変に楽しめた。 優れた技巧と鋭敏な感性が際立ち見通しのすっきりとした演奏。 1-3番の若々しい情熱、4番の優美な抒情、「皇帝」も同時期に発売されたフレイレ盤がピアニスト巨匠風の王道名演ならこちらは室内楽的な感覚による新名演といえよう。 録音も優れている。来日が待ち遠しい!

martin さん | 神奈川県 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品