隣り合わせの灰と青春 小説ウィザードリィ

ベニー松山

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784086133302
ISBN 10 : 408613330X
フォーマット
発行年月
1998年12月
日本
追加情報
:
332p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • シャル さん

    再読。ゲームノベライズの古典的傑作であり、まさにウィザードリィ小説そのものである。いよいよワードナーとの戦いに挑むベテランパーティに大して張り巡らさせる陰謀。全ての魔法使いの魔法を使いこなす誰も知らない謎の魔法使いとその正体。そしてレベルの表現や訓練場のシステムなど、それらのゲームの要素を物語に落とし込み、それでいて、ウィズの最下層が持つあの緊張感を冒険者達の視点で描いているのが印象的。盲点ともいえるバルカンの正体だが、あらためて読むと序盤から色々と伏線が貼ってあることにも気付く。ゴロツキよそりゃ無理だ。

  • sibasiba さん

    コンピュータRPGの古典名作「ウィザードリィ」を原作とした小説。評判は聞いてたがまさに傑作。ゲームの独自解釈が楽しい。キャラはシルバーとアルハイムが好き。ゴグレグの活躍も光る。ゲームまたやりたくなった。

  • Makkusu さん

    あの不朽の名作の小説化といったところか、ウィザードリィの一つの「IF」シナリオとも捉えられるんですが、ベニ松が想像した物語は見事の一言に尽きる。ハイ・ファンタジーに近い要素があり、当然ながら王道なRPG的設定・場面が言及される。不思議に思った事と言うと、現実と完全に隔絶された設定に時々「ロスト」は「消滅」として入力されてるなので、ファミコン版のプレイヤーにその認識が楽しかったなぁ、と僕なりに思う。最後の数頁が「天高く、雲は流れ」の雰囲気を思い浮かべさせた。

  • しろねり さん

    無駄な登場人物が誰一人として無く、文章も読みやすく端正で、とても面白かった。連載したものをまとめたものなので、1節が短いのも読みやすくて良い。ウィザードリィをやってみたくなった。

  • wabisuke さん

    前々から気になっていて、ようやく読めました。ウィーザードリーのゲームはやった事無いですが、小説が面白いという事で手に取りました。結果としてはファンタジーの王道中の王道中。とても面白くて一気に読んでしまいました。話の展開的にちょっと、都合よすぎる点がありましたが、まぁ仕方ないかと。ゲームをやってればもっと面白く感じられたのでしょうが。余談ですが、ダンジョン飯が頭をよぎりました…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベニー松山

1967年7月26日生まれ。東京都出身。早稲田大学第一文学部文芸専修卒。88年『隣り合わせの灰と青春』でデビュー。株式会社スタジオベントスタッフ所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品