ブルーノ・シュルツ

人物・団体ページへ

ブルーノ・シュルツ全集

ブルーノ・シュルツ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784105370015
ISBN 10 : 4105370014
フォーマット
出版社
発行年月
1998年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • きゅー さん

    ずいぶんたくさんの小説をこれまで読んできたが、シュルツの語るように、他の作家が語るのを読んだことはない。それは、プルーストをはじめて読んだ時に感じたような衝撃だった。彼の描く世界は、饒舌で、色彩豊かで私が見ている現実と同じとはとても思えない。彼の一言、一言が私にとって新たな世界を開く鍵になった。シュルツは天才だ。そして、彼の天才に私の感官は息切らせながらなんとかついていくしか無かった。彼の見せる陰鬱ながら、鮮やかな世界は私には眩しすぎる。

  • asukaclaesnagatosuki さん

    実は未読。このような翻訳が出版されること自体が驚き。工藤幸雄先生の訳業には尊敬の念を禁じえない。シュルツの存在を始めて知ったのは比較文学・ポーランド文学の西成彦先生の『警察とマゾヒズム』によってだが、そのときシュルツの筆になる画を観て衝撃を受けた。何年か前に近所の古本屋で偶然アメリカで刊行されたシュルツの画集The Drawings of Bruno Schulz を発見して、本書の存在を思い出し購入した。いずれ読まねば・・・

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルーノ・シュルツ

1892‐1942。ヴィトキエヴィチ、ゴンブローヴィチと並ぶ両大戦間ポーランド・アヴァンギャルドの三銃士の一人。ドロホビチ(現ウクライナ領)に生まれる。ルヴッフ理工科大学で建築を学ぶが中退。版画集『偶像讃美の書』(1922)でマゾヒズムの美を模索した後、友人の導きで文学の世界に入る。1924〜41年

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品