CD

交響曲第3番、第4番、第6番、第7番 飯守泰次郎&東京シティ・フィル(4CD)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
FOCD9852
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明


巨匠のブルックナー演奏が、最新リマスタリングで鮮やかに蘇る

バイロイト音楽祭での歴史的公演など、欧州での充実した活動を経て、東京シティ・フィル、名古屋フィル、関西フィルの常任指揮者、新国立劇場オペラ部門芸術監督を歴任し、現在 仙台フィルの常任指揮者を務める飯守泰次郎。新国立劇場在任中は『パルジファル』『ニーベルングの指環』全曲を含むワーグナー作品上演を指揮し高い評価を集め、2014年から日本芸術院会員を務めます。その芸術は円熟を深め、傘寿を記念しワーグナー歌手のトップたちと共演した2021年5月の『ニーベルングの指環』ハイライト特別演奏会は、世界に誇る公演となりました。
 1999年発売の『ロマンティック』以来、フォンテックは飯守の名演奏をCD化してまいりました。今回の『ブルックナー:交響曲選集』は、音楽評論家のヒューエル・タークイ氏が「伝統的に必要とされる温かみを維持しながら、同時に大胆なほど独創的でもある」と激賞した第4番を含む4作品を収録しています。
 飯守のブルックナー、まさに感動の軌跡です。(メーカー資料より)

【収録情報】
Disc1
● ブルックナー:交響曲第3番ニ短調(第3稿、ノーヴァク版)

 録音時期:2001年1月18日
 録音場所:東京文化会館

Disc2
● ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』(第2稿、ノーヴァク版に基づく)

 録音時期:1998年5月28日
 録音場所:東京、サントリーホール

Disc3
● ブルックナー:交響曲第6番イ長調(ノーヴァク版)

 録音時期:2003年1月9日
 録音場所:東京文化会館

Disc4
● ブルックナー:交響曲第7番ホ長調(ノーヴァク版)

 録音時期:1999年2月15日
 録音場所:東京、サントリーホール

 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
 飯守泰次郎(指揮)

 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)


ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品