CD

交響曲第8番 チェリビダッケ&ミュンヘン・フィル(1990年東京ライヴ)(2CD)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC1845
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ブルックナー:交響曲第8番(1990年東京ライヴ)
チェリビダッケ&ミュンヘン・フィル


1990年クラシック・コンサートの目玉のひとつでもあったチェリビダッケ指揮するミュンヘン・フィルの来日公演は、ミュンヘン・フィルのメンバーも「すばらしい演奏だった」と大満足していたと伝えられるほどの内容の素晴らしさから、SONYにより映像商品化され、さらに第8番はALTUSレーベルよりCD化されるなどして親しまれてきましたが、今回はSONYの「名盤コレクション1000」シリーズに第7番と第8番が組み込まれました。
 第7番は初CD化ということで注目されますし、第8番についてはALTUSとの音質の違いも気になるところです。期間生産限定盤。

交響曲第8番
3年後に本拠地でおこなわれた公演を収録したEMI盤の演奏に較べると、テンポは若干速めで緊張が途切れることがなく、長めの美しい残響と共に、チェリビダッケのブルックナーの姿を鮮明に伝えてくれます。特に3分半ほど演奏時間の違う第3楽章アダージョでは、オーケストラのコンディションもよほど良かったのか、精緻をきわめたコントロールが、作品の天上的な魅力をフルに引き出しています。
 この巨大な演奏を要所要所で見事に引き締めていたのが名物奏者ペーター・ザードロによる強烈なティンパニで、当日、会場にいた聴衆は、20型105名という巨大オーケストラのトゥッティの上に轟く打撃に心酔したものでした。(HMV)

【LDライナーノーツより】
「ブルックナーが最晩年に到達した深淵と、チェリビダッケの超俯瞰の美学とが不可分な形で結び付き、稀にみる名演となったのだ。(・・・ミュンヘン・フィルも)奏法が統一され、量感も抜群な弦セクション、ソロ・プレイもハーモニーも完璧な管セクション、そして打楽器と、どこをとっても穴がなく、しかも無機的な音響になっていないところが凄い。技術的にベルリン・フィルやシカゴ響に比して少しも遜色がないばかりか、ブルックナーで最も重要な質感の統一ということに関しては、明らかに上回っていると思う。」(金子建志氏)

【収録情報】
● ブルックナー:交響曲第8番ハ短調 WAB.108(1890年第2稿)

 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
 セルジウ・チェリビダッケ(指揮)

 録音時期:1990年10月20日
 録音場所:東京、サントリーホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

【ソニー・クラシカル名盤コレクション1000】
これが全世界を100年間感動させてきたクラシックの名盤だ! ラフマニノフから五嶋みどりまで、2大クラシック・レーベル、ソニー・クラシカルとRCA RED SEALを中心にソニー・ミュージックが所有する多彩なクラシックの名盤・銘盤・超盤・定盤・迷盤・奇盤・珍盤・お宝盤を、新規ライナーノーツ、一部世界・日本初CD化も含む驚愕の価格1,000円+税(2枚組は¥1,500+税)で100タイトルを2ヶ月にわたってリリース。(SONY)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
26
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
三枚組LPのレビューです。高額なわりにノイ...

投稿日:2019/06/23 (日)

三枚組LPのレビューです。高額なわりにノイズが多く盤質が悪い。盤を洗浄しても大きな「パチッ!」というノイズは消えず。ノイズにかんしては先の二枚組LPでも思ったこと。静粛部分が多い交響曲では致命的。また音質重視のために三枚に分散したそうだが、やはり楽章途中で音楽がフェードアウトする(盤をひっくり返すため)のは興が醒める。このアナログ版は通常CD版より音はいいと思うが、ほんとうに音楽に集中して聴くのならSACDがいちばん良いと思う(ノイズはないし、音自体も良いし、四楽章すべて一枚に収められている)。アナログが復権している昨今であるが(私もその良さは認識しているつもりだが)、この商品の質に触れると優れたデジタル技術の恩恵を再認識する思いがする。盤質が良ければ「もうひとつかふたつ星を増やしてもいいかな?」ってくらいです。

水カステラ さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
チェリだと、これになっちゃいますかね。異...

投稿日:2016/10/22 (土)

チェリだと、これになっちゃいますかね。異論もあるとは思いますが。全集もいいけど、やっぱりということで。

レニー,アイラブ☆ さん | 東京都 | 不明

4
★
★
★
★
★
聴き終えた感想、一言で言うと「お腹い〜〜...

投稿日:2015/10/03 (土)

聴き終えた感想、一言で言うと「お腹い〜〜っぱい!」チェリビダッケは7番より8番のがあってますな。集中力整えてからでないと、なかなか聴けないよ。

マ-コロリン さん | 埼玉県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト