LPレコード

シューベルト:交響曲第7番 ブルックナー:交響曲第9 番 ギュンター・ヴァント、ベルリン・ドイツ交響楽団 (2枚組アナログレコード)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PHLP039
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤

商品説明

Profil レーベルのヴァントの名盤が初LP 化!Altus レーベルがライセンスしてLP 用のマスタリングを施し、東洋化成でプレスしました。シューベルトとブルックナー、ふたつの未完成交響曲を1 日で演奏した93 年のライヴをそのまま収録しています。両曲共にヴァントの得意とした作品で聴きごたえあり。恐ろしい低音が聴き手を一気に音楽へ引きずり込む「未完成」は2 楽章の楽器バランスの美しさもヴァントの独壇場。そして泣く子も黙るヴァントのブル9!完璧に整っていながらも熾烈・強烈な音響で、圧倒的な完成度でもって至高の音の大伽藍を築き上げています。

シューベルト:交響曲第7(8)番 ロ短調《未完成》 D. 759
[LP1-A] 第1・第2 楽章

ブルックナー:交響曲第9 番 ニ短調 WAB 109(原典版)
[LP1-B] 第1 楽章
[LP2-A] 第2 楽章
[LP2-B] 第3 楽章

ギュンター・ヴァント(指揮)
ベルリン・ドイツ交響楽団
録音:1993 年3 月20 日/コンツェルトハウス・ベルリン(ライヴ)

(メーカーインフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 交響曲第7(8)番 ロ短調≪未完成≫ D.759 第1・第2楽章

ディスク   2

  • 01. 交響曲第9番 ニ短調 WAB 109 (原典版) 第2楽章

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
輸入盤を入手しましたが、DISC2トラック1...

投稿日:2016/10/26 (水)

輸入盤を入手しましたが、DISC2トラック1の冒頭に欠落はないですか? ブルックナー開始がやけに短いです。

fuentes さん | 滋賀県 | 不明

4
★
★
★
★
★
確かにたまげる。両方の『未完成』が同等の...

投稿日:2011/10/02 (日)

確かにたまげる。両方の『未完成』が同等のレベルで素晴らしい。数ある両曲の録音でも最上位だが、特にブルックナーは凄く、計算されたデュナーミクがまさに凄絶な迫力に結び付いている。そのあたりは、金子氏の解説に詳しい。音色も美しく、やっぱりヨーロッパの年季の入ったオケの実力は凄く、指揮者次第でこれほどの演奏が出来るのかと恐れ入る。日本のオケもうまいなと思う時があるけど、こういうのを聞くと、やっぱり「錯覚」かな、と思ってしまう。

七海耀 さん | 埼玉県 | 不明

2
★
★
★
★
★
このブルックナーの9番は、後のベルリンフ...

投稿日:2010/11/02 (火)

このブルックナーの9番は、後のベルリンフィル盤やミュンヘンフィル盤を凌ぐ、ヴァントの最高傑作だ。金管やティンパニが向かって中央からやや右側に集まっていて重なってしまうのが残念だが、それでも録音も含めて、今までの全てのブルックナーの9番を超える超名盤。あまりの物凄さ故に、言葉では表現できない。しかしこれでやっとこの曲の推薦盤を選ぶ苦労がなくなった。シューベルトの方も今までの名盤とベストを争う超名演。

絢音 さん | 千葉県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品