ブリヒト、ヴァルター(1904-1970)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲イ短調、交響的組曲、8つの小品 アンドリュー・コンスタンティン&フォート・ウェイン・フィル

ブリヒト、ヴァルター(1904-1970)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCC0488
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ブリヒト:管弦楽作品集 第1集

ウィーンで生まれた作曲家ブリヒト。父は音楽評論家、母はピアニスト、歌手であり、彼は最初の音楽のてほどきを母から受けました。ウィーンの音楽アカデミーで学び、フランツ・シュミットに作曲を師事、卒業後は音楽教師として活動しながら作品を発表していましたが、祖父母がユダヤ系だったためにナチスの迫害を受け、アメリカに亡命を余儀なくされます。その後はニューヨークに定住し、教会のオルガン奏者として生計を立てながら、ウェストヴァージニアの音楽学校の教職に就き合唱団を指導、やがてインディアナ音楽大学の教授に招かれ、ピアノと声楽を教えながら作曲活動を再開、作品が高く賞賛されました。
 このアルバムは初期の作品を3曲収録、これらは師、フランツ・シュミットとワーグナーの影響が強いロマンティックな曲調で書かれています。(輸入元情報)

【収録情報】
ブリヒト:
● 交響的組曲イ短調 Op.25 (1931)
● オーケストラのための8つの小品『散らばった葉』 Op.18b (1932)
● 交響曲イ短調 Op.33 (1934)


 フォート・ウェイン・フィルハーモニー管弦楽団
 アンドリュー・コンスタンティン(指揮)

 録音時期:2018年3月18日
 録音場所:Rhinehart Music Center, Indiana University-Purdue University, Fort Wayne, Indiana
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 初録音

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
フランツ・シュミットのあの特徴的な響きが...

投稿日:2019/10/01 (火)

フランツ・シュミットのあの特徴的な響きが随所に聴かれる、ということでとても魅力的! ブルックナーにマーラーやR.シュトラウス、シュレーカーといった超個性ある響きは受け継がれているのを耳にするのですが、私が愛してやまないフランツ・シュミットの響きもこうして受け継がれていました。流石愛弟子です。 とっても惜しい所は録音状態です(1★減)。一流録音なら豪華絢爛陶酔状態になりそうなところですが、そんなことにならない〜マイク距離がはるか遠い感じの〜録音です。私の場合かつてないほどの音量に上げシアターモードで音響を補ってこの貴重な1枚を楽しみました。フランツ・シュミット愛好家必聴です。

TIKHON さん | 奈良県 | 不明

0

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品