CD 輸入盤

ヴァイオリン・ソナタ第1番、第2番、第3番 ジョコンダ・デ・ヴィート、エトヴィン・フィッシャー、ティート・アプレア

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SBT1024
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

ジョコンダ・デ・ヴィート/ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集(3曲)

【収録情報】
ブラームス:
・ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調op.78『雨の歌』
・ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調op.100
・ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調op.108

 ジョコンダ・デ・ヴィート(ヴァイオリン)
 エトヴィン・フィッシャー(ピアノ/第1番、第3番)
 ティート・アプレア(ピアノ/第2番)

 録音時期:1954年(第1番、第3番)、1956年(第2番)
 録音方式:モノラル(セッション)

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Johannes Brahms (1833 - 1897)
    Sonata for Violin and Piano no 1 in G major, Op. 78
    演奏者 :
    Vito, Gioconda de (Violin), Fischer, Edwin (Piano)
    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Sonata
    • 作曲/編集場所 : 1878-1879, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : 28:0
    • 録音場所 : 05/1954, EMI Abbey Road Studio No. 3, London [Studio]
  • Johannes Brahms (1833 - 1897)
    Sonata for Violin and Piano no 2 in A major, Op. 100
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Sonata
    • 作曲/編集場所 : 1886, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : 20:27
    • 録音場所 : 03/29/1956, EMI Abbey Road Studio No. 3, London [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
デ・ヴィトーの演奏はセンスに溢れている。...

投稿日:2015/09/01 (火)

デ・ヴィトーの演奏はセンスに溢れている。下の方のコメントによると元々はヌヴーが予定されていたのが、事故死でデ・ヴィトーに代ったのだというが、随分違った演奏になっただろうけれども、デ・ヴィトーで良かったと思う。1番と2番の叙情的な演奏振り(ヴィブラートの細やかな巧さとか、消え入りそうな弱音の使い方とか)は直情径行方のヌヴーでは望めなかったに違いない。しかし、打って変わって、激しい3番では、女豹のようなしなやかさと激しさをもって、ハッシとばかり弓で弦に挑みかかる。ピアノは1番と3番がフィッシャーで、前者では滋味に満ちた演奏ぶりが素晴らしく、3番ではvl.に対抗した豪快さも見せる。大家の芸だ。2番のアプレスはデ・ヴィトーの伴奏者として良くやっていた人らしいが、とくに不足はない。音は50年代の中頃のスタジオ録音としたら並と言うところか。ところで、リーフレットによると、48年のエジンバラ音楽祭で、デ・ヴィトーはミケランジェリ、マイナルディとベートーヴェンのトリプル・コンチェルトをやって、しかもオケがフルトヴェングラー指揮の聖チェチーリア管だったという。本当かい!何でその録音が残されていないんだ!

mari夫 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
 これはすばらしい。節回しやフレージング...

投稿日:2013/03/18 (月)

 これはすばらしい。節回しやフレージング、ヴィブラートのかけ方など何ともいえない気品があります。表情は控えめですが、それが内省的なブラームスの曲想にマッチして何度聞いても飽きません。  それにフィッシャーのピアノも文句のつけようがありません。  この演奏を超える演奏は現れそうにありません。

たかし さん | 京都府 | 不明

0
★
★
★
★
★
Gioconda De Vitoの演奏は、ずば抜けている...

投稿日:2011/09/02 (金)

Gioconda De Vitoの演奏は、ずば抜けている。 Neveuの予定のところ、突然の不幸により変更になったもので、ある評論家によると「9回裏、負けの時、2アウト3ボール2ストライクでの突然の代打逆転満塁さよならホームラン」的な劇的演奏。特に第1番、第3番は素晴らしい。 Violin Sonataの絶妙な魅力を余すところ無く表現しきっている。 何回聴いても飽きない。機会があれば他の演奏家と聴き比べられると良い。

それなりに さん | 神奈川県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品