Hi Quality CD

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番、シューマン:予言の鳥、C.シューマン:3つのロマンス、他 石上真由子、鈴木優人

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
COCQ85582
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Hi Quality CD

商品説明


初DUOによるブラームスのヴァイオリン・ソナタ!
異才同士が紡ぐロマン派の真髄。


2019年「Opus One」レーベルからデビューしたヴァイオリニスト、石上真由子は、医学と音楽の道を究めその才能を如何なく発揮したヤナーチェクの『ヴァイオリン・ソナタ』をメインにしたCDをリリースし、各地でのリサイタル、コンチェルトの出演、自身が主宰する室内楽シリーズの公演等を幾度となく重ね、精力的に活動の幅を拡げています。
 満を持してお送りする「DENON」レーベル第1弾のCDは、NHK「クラシック音楽館」の収録で共演し相性の良さが出た演奏をした指揮者・ピアニスト・オルガニストの鈴木優人氏とのDUO作品。(メーカー資料より)

【収録情報】
● シューマン:森の情景 Op.82より第7番『予言の鳥』(ハイフェッツによるヴァイオリンとピアノ編)
● C.シューマン:3つのロマンス Op.22
● ブラームス:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第1番ト長調 Op.78
● シューマン:3つのロマンス Op.94
● J.S.バッハ/シューマン編:シャコンヌ(ヴァイオリンとピアノのための)


 石上真由子(ヴァイオリン)
 鈴木優人(ピアノ)

 録音時期:2022年3月7-9日
 録音場所:群馬県、高崎芸術劇場 音楽ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

【石上真由子 MAYUKO ISHIGAMI】
「A born musician with all the tools to make any audience feel happy : great technique, exquisite sense of phrasing, and charisma to convey her emotions.」〜Jean-Jacques Kantorow(ヴァイオリニスト)

日本音楽コンクールをはじめ、内外の様々なコンクールで優勝・受賞。NHKクラシック音楽館、題名のない音楽会、NHK-FM名曲リサイタルやリサイタル・ノヴァ等に出演。NHKテレビではドキュメンタリーや東京交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団との共演も放送された。そのほか、これまでに日本フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、ブラショフ国立交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京ニューシティ管弦楽団、セントラル愛知交響楽団など、国内外で多数のオーケストラと共演。2021/22シーズンは、コンポージアム2021で東京都交響楽団とのデュサパン作品共演が絶賛されたほか、大阪交響楽団や読売日本交響楽団との共演も好評を博し、関西フィルハーモニー管弦楽団との共演の様子はNHK-FM「ブラボー!オーケストラ」にて放送された。
海外の音楽祭にも多数出演。ソロ活動と共に長岡京室内アンサンブル、アンサンブル九条山のメンバーとしても活躍するほか、自らが主宰するEnsemble Amoibeシリーズで室内楽公演をプロデュースしている。また、京都市交響楽団や愛知室内オーケストラ等に客演首席として出演するなど、ソロ・室内楽・オーケストラと幅広く活躍している。
Music Dialogueアーティスト。CHANEL Pygmalion Days室内楽アーティスト。京都コンサートホール第1期登録アーティスト。公共ホール活性化事業登録アーティスト。京都市芸術新人賞、音楽クリティック・クラブ賞 奨励賞、大阪文化祭賞奨励賞、青山音楽賞 青山賞など受賞。
日本コロムビアよりCD「ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ」好評発売中。(メーカー資料より)

内容詳細

コロムビアの新人発掘レーベルからデビューし、高い評価を得た前作に続く石上の2作目は、DENONレーベルでの第1弾。ピアノは、鍵盤奏者兼指揮者として活躍している鈴木優人。あらためて石上真由子に注目の作品。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品