ブラームス、モーツァルト

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ブラームス:交響曲第1番、モーツァルト:《魔笛》序曲 スイトナー指揮シュターツカペレ・ベルリン(1988年6月13日東京ライヴ)

ブラームス、モーツァルト

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ALT024
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD

商品説明

燃えるスウィトナー!サントリー・ホール・ライヴ

 クラシック・マニアの数ある言い伝えの一つに「燃えたときのスウィトナーは凄い」というのがありますが、その好例とも言える演奏です。
 聴きものはやはりブラームスで、2管編成にコントラバス10台という編成。早めのテンポの幕開けから各主題を性格的に描き分けるスウィトナーの手腕はさすがで、テンポの落ちる箇所など、正統ドイツの重みというよりも、なにか情念のようなものすら感じさせる粘りを持たせながら、第3楽章などでは比類ないほどの優雅さを聴かせます。
 そしてフィナーレの、弦によって提示されるメイン主題の美しい歌わせようも素晴らしく、突然のテンポ変化も非常に効果的です。そしてクライマックスはまさに阿鼻叫喚。コーダでの金管楽器の煌びやかな扱いも特筆もので、終演時の堪え切れないようなブラヴォーにも、十分納得のいくものです。

・モーツァルト:『魔笛』序曲
・ブラームス:交響曲第1番ハ短調Op.68
 シュターツカペレ・ベルリン
 オトマール・スイトナー(指揮) 録音:1988年6月13日、サントリーホールでのライヴ(デジタル)

CDは国内プレスとなります。

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
全く期待外れの演奏。テンポが早めなのはま...

投稿日:2019/03/09 (土)

全く期待外れの演奏。テンポが早めなのはまあいいとしてうわついてせかせかして聴いていて落付かない。ドイツ的な演奏とはとても呼べない失敗作。序曲も今一つだ。体調がすぐれなかったのかも。

robin さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
その昔、東ドイツと言う、今の中国や北朝鮮...

投稿日:2012/04/09 (月)

その昔、東ドイツと言う、今の中国や北朝鮮の様な、社会主義、というのを標榜する国が、ドイツに有って、西側、オーストリア人のスイトナーさんは、その国で、確固たる地位を占めていました。東ドイツの崩壊とともに、引退されたスイトナーさん。自然、というか、やすやすと、素晴らしい音楽を作り出したこの人の音楽に、多く接する事が出来た日本人は幸せです。このオーケストラは、ドイツ統一後は、バレンボイムが座ったけれど、どちらがいい音楽を奏でているでしょうか。私は、断然、スイトナーさん。最晩年、ややくすんだ、でも、音楽を大事にしたこの時代の国の、迫力、バーニングスピリット溢れる、詩情も豊かな音楽。この人のモーツァルトを、ブラームスを、今も録音で聴けるのは、幸せ。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

3
★
★
★
★
★
他の人も散々語っていることですが、これは...

投稿日:2011/07/06 (水)

他の人も散々語っていることですが、これはすごい演奏です。 スピーディーに進んでいく演奏なのですが、 それでいて重厚感、迫力も損なわれておらず、 残された映像を見ると、 スイトナーは大汗をかきながら大きく両手を振りまわして指揮をしていて、 大変燃えています。 もっとも、そんなスイトナーの指揮について、 学生オケで共演した学生たちは、 「下手ですね。あんな指揮でよくベルリンのオペラが振れますね」 との評価を下していたようですが……。 指揮の上手下手はともかくとして、とにかく、 ここまで燃えたブラームスもなかなか聴けるものではないと思います。 ただ、これも他の方が言われていることですが、 あの余韻も何もかもを一瞬で吹き飛ばす、 「ブラボー!!」の絶叫が残念です。 これほどの演奏を聴くと、聴いている方も熱くなるのはわかるのですが、 あのブラボーですべて台無しです。 けど、繰り返しますが、演奏はすごいです。 ぜひ一度お試しあれ。

なにわん さん | 大阪府 | 不明

5

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品