ブライアン・m・フェイガン

人物・団体ページへ

歴史を変えた気候大変動 河出文庫

ブライアン・m・フェイガン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309463162
ISBN 10 : 4309463169
フォーマット
出版社
発行年月
2009年02月
日本
追加情報
:
15cm,408p

商品説明

歴史を揺り動かした500年前の気候大変動とは何だったのか? 人口大移動や農業革命、産業革命と深く結びついた「小さな氷河期」を、民衆はどのように生き延びたのか? 気候学と歴史学の双方から迫る!

内容詳細

人類の歴史を揺り動かした五〇〇年前の気候大変動とは、いったい何だったのか?人口大移動や農業革命、産業革命と深く結びついた「小さな氷河期」を、民衆はどのように生き延びたのか?現在、地球規模の温暖化に直面しているわれわれが決して無視できない問題に、気候学と歴史学の双方からアプローチした名著。

目次 : 第1部 温暖期とその影響(中世温暖期/ 大飢饉)/ 第2部 寒冷化の始まり(気候の変動/ 嵐とタラとドッガー船/ 巨大な農民層)/ 第3部 「満ちたりた世界」の終焉(飢えの恐怖/ 氷河との闘い/ 「夏というよりは冬のよう」/ 食糧難と革命/ 夏が来ない年/ アン・ゴルダ・モー―大飢饉)/ 第4部 現代の温暖期(ますます暖かくなる温室)

【著者紹介】
ブライアン・フェイガン : イギリス生まれ。カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校の人類学名誉教授。考古学関連の著書を多数発表している

東郷えりか : 上智大学外国語学部フランス語学科卒

桃井緑美子 : 翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • fseigojp さん

    北海沿岸で開発された農法を取り入れ農業革命ー>囲い込みで集約度を上げー>産業革命へ至ったイギリスと、怠ったフランスが1789年の飢饉で大革命につながるくだりは実に面白い。

  • Saiid al-Halawi さん

    NAO(北大西洋振動)指数の如何によって食料生産の出来不出来が決まってたという欧州のガチ農業経済。小氷河期=19C初頭だけじゃなかったのは分かるんだけど、それをちゃんと史料から読み解こうとしてるのがすげー

  • ovonkovon さん

    中世から現代にかけての小氷河期が西洋史に与えた影響を論じているが、気候の影響を受けるものとして、やはり農業や漁業への影響が主に記載されている。すなわち、飢餓の歴史だ。安定した気候下でもカツカツの収量だったところへ、小氷河期の到来とくれば推して知るべし。飢える→農業を集約化する→収量は増えるが土地を無くした農民が生き地獄を味わう、とか、栄養価が高く収量も多いジャガイモを主食にする→疫病により全滅と、問題を克服するたび次の問題を派生する様に凹んでくる。気候の予測がつかない進行中の温暖化の怖さが身に沁みた。

  • フォレスト さん

    書名では「歴史を変えた」と謳ってますが、実際は声高に主張しているわけではなく、歴史の流れに影響を与えたあくまで一要素ではあるが、見落としてはいけない(これまで無視され過ぎてきたという意味合いで)重要なポイントだという本で大変興味深いものでした。これまで認識のなかった小氷河期という区分(14〜19世紀の変動が激しく寒冷な時期が多かった時代)を本書で初めて知ったのですが、そういうわけで昔は飢饉が多かったのですね。それと、終章で提示される、昔の名画を気候という観点から見るというのがなかなか面白かったです。

  • 鐵太郎 さん

    ヨーロッパを中心に、考古学時代から現代までの気候の変動と文明の関連を「NAO指数」(北大西洋震動)などを絡めて俯瞰したもの。極端な温度変化や温暖化していくいまの時代を読み解く手がかりになるかな。気候の変動で苦しんだ人々の描写がいささか悲観的すぎるきらいはあるけど、こういう視点から歴史を見るのも興味深い。歴史の動きに絡んでもっと面白く書いてあればもっと売れるのに、と思った。(ぶっちゃけ、途中いささか冗長なところがあると思ったので。それと欧州史に偏りすぎ。これは仕方ないかな)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』
  • 「使用上の注意」をカバーした治療薬年鑑 収録薬剤数は約2,300成分・18,000品目。添付文書に記載された情報を分かりやすく整理し、各領域の専門医による臨... |2016年01月13日 (水) 08:05
    「使用上の注意」をカバーした治療薬年鑑
  • ICU/CCUの薬剤使用法の定番書が改訂 新章の書きおろし、新規薬剤・文献のアップデート、新規付録「クリティカルケアで重要な薬物相互作用」の追加など、大幅な改... |2015年12月24日 (木) 13:20
    ICU/CCUの薬剤使用法の定番書が改訂

おすすめの商品