ブライアン・マイケル・ベンディス

人物・団体ページへ

ニューアベンジャーズ:パワーロス

ブライアン・マイケル・ベンディス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784864911863
ISBN 10 : 486491186X
フォーマット
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
142p;26

内容詳細

アベンジャーズとの対戦で魔力を失ったフッド。頭領を欠いたビラン軍団だったが、独自の作戦でアベンジャーズを追い込んでいく。オズボーンとダークアベンジャーズをも手玉に取る彼らだったが、そんな中、フッドが…!?クロスオーバー大作『シージ』を目前に、シリーズもいよいよクライマックス!悪の大攻勢の中、ルーク・ケイジとアベンジャーズの運命は!?

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 節 さん

    タスクマスターに殴られてアホみたいなぶっ飛び方するブルズアイさん。オズボーンの別荘が爆発してニッコリのブルズアイさん

  • RIQUA さん

    面白かった!そして最後のオチが良かったね、オズボーンの後ろで笑顔のブルズアイとか。

  • F4ふぁんとむ さん

    なかなかおもしろかった。こういう展開は好き。

  • ara_shinya さん

    SIEGE直前のニューアベンジャーズ、悪党共の覇権争いに巻込まれるようにルーク・ケイジ絶体絶命。ナイトナースがいい味出してるよね。

  • サテヒデオ(ダイナミックひとり) さん

    シージの前の小事。“小事”ってこともない事件が幾つか。愛されキャラのルークと軽んじられるフッド。「困ったときはお互い様」のルークと「バカと鋏は使いよう」のフッド。未だビッグ3は顔を見せず、それでも間がもつのは、やっぱりノーマン・オズボーンの魅力のおかげ?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド