フレデリック・ベグベデ

人物・団体ページへ

世界不死計画

フレデリック・ベグベデ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309207650
ISBN 10 : 4309207650
フォーマット
出版社
発行年月
2019年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
329p;20

内容詳細

ハチャメチャかつ自虐的な人気討論番組の司会者として、そして作家として活躍する、僕=ベグベデは、愛する娘ロミーの一言をきっかけに、世界最先端の生命科学研究者を訪ねる旅に出る。スター御用達の名医による健康診断、野菜中心の健康な食事、iPS細胞の冷凍保存、断食ダイエット、静脈へのレーザー注射、遺伝子組み換え…ベグベデ一家の不死化計画は、どこに向かうのか。フランス随一のお騒がせ作家によるサイエンス“ノン”フィクション。

【著者紹介】
フレデリック・ベグベデ : 1965年フランス生まれ。現代フランスを代表する作家の一人。パリ政治学院卒業後、ソルボンヌ大学大学院で学び、広告代理店でコピーライターとして働く。1990年、『あるだらしない若い男の手記』で作家デビュー。2000年、経済至上主義を諷刺的に描いた長篇『¥999』がベストセラーとなる。『世界の窓』(2003)でアンテラリエ賞受賞。『フランス小説』(09)でルノードー賞受賞

中村佳子 : 1967年広島生まれ。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヘラジカ さん

    この本に関しては先に後書きから読むことを推奨したい。商品説明に反して完全にノンフィクションなのは文中に登場する科学技術や人物・医療機関などの"存在"のみだからだ。会話や細かいエピソードが虚実のどちらに振れてるかは判別しようがないが、多分9割方フィクションだと思って読むべき(技術にしたって日本人はペッパーがそこまで高性能でないのを知っている)。なんとも人を喰った小説だ。最初からメタフィクションとして読むのが正解で、ユーモラスな家族小説の合間に現代科学が(少し)学べる前衛的な仏文学作品として読めば結構面白い。

  • くさてる さん

    最初はノンフィクションぽく読めていたけれど、どんどんフィクションでしかありえない展開になっていくので、ついていくのが大変でした。なんだろう、この鼻持ちならない主人公のドタバタ劇は。いかにもおフランスっていう感じがするんですよね。一風変わったSF小説なのだと思いますが、好き嫌いは分かれる一冊かなと思います。

  • 羽 さん

    ☆☆☆☆ サイエンスノンフィクションとも半自伝的虚構小説とも紹介されている、この小説。著者と同姓同名の主人公は、不死になるために仕事を辞めて世界中を飛び回る。自分のゲノムの塩基配列の決定、iPS細胞の冷凍保存、レーザー血液の注入といった最新の治療法を次々と試す。豚の臓器や3Dプリンターで製作した臓器を移植したり、若者の血液を輸血したり、記憶をハードディスクに保存したりする時代もそう遠くないこともわかった。いずれ遺伝子組み換え人間も生み出されるだろうのだろうなぁ。

  • スターライト さん

    タイトルから秘密結社や「望みは世界征服!」みたいな作品を想像していたが、さにあらず。「世界(をまたにかけた)不死(になりたい中年オヤジの)計画」といったほうが当たっている。愛する子どもと美しい妻のため、彼女たちとの幸せな生活を一日でも長く過ごしたい、という素朴な夢が家族(ことに二回りも年下の妻)にいつの間にかあきれられ、挙句の果てに愛想をつかされてしまう。実在の人物や業績が出て来るが、半分はフィクション。それにしても父親のそんな行動に振り回されることなく、わが道を行く娘ロミーがおかしい。

  • おかだん さん

    うーん、どう感想していいのかわからない。面白くなかった事はないが、何にせよ主人公が嫌いすぎ。同年代なので焦る気持ちは理解できるけど、セレブで人気もあって懐暖かい、もう異人種。自己アピールいちいち強くてイラつく。ルポは興味深いし、未来への危機感もきちんと描かれているところは良かった。娘ちゃんはとても魅力的でいい女になりそう。ペッパーは実際はアホの子で、こんなにちゃんとしてないからダーリンにはなり得ないよね。ラストで改心する?!のが大円団を狙ったね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品