ネコ・かわいい殺し屋 生態系への影響を科学する

ピーター・P・マラ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784806715801
ISBN 10 : 4806715808
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
284p;20

内容詳細

約9500年前に家畜化され、文明の伝播とともに世界中に広がったネコ。人を魅了してやまない彼らの存在は、鳥類や哺乳類をはじめとする生物群にどのような影響をもたらすのか。捕食による希少種の絶滅や、人や海棲哺乳類への病気の媒介、TNR(捕獲・不妊去勢・再放逐)の有効性など、野放しネコと環境との関わりを科学的に検証するとともに、各国で行われている対応策とその効果を紹介する。

目次 : 第1章 イエネコによる絶滅の記録/ 第2章 イエネコの誕生と北米大陸での脅威/ 第3章 愛鳥家と愛猫家の闘い/ 第4章 ネコによる大量捕殺の実態/ 第5章 深刻な病気を媒介するネコ―人獣共通感染症/ 第6章 駆除VS愛護―何を目標としているのか/ 第7章 TNRは好まれるが、何も解決しない/ 第8章 鳥、人そしてネコにとって望ましい世界/ 第9章 どのような自然が待ち受けているのか?

【著者紹介】
ピーター・P・マラ : 鳥類学者。アメリカ・スミソニアン動物園・保全生物学研究所の渡り鳥研究センター所長を務める

クリス・サンテラ : サイエンスライター。旅行やアウトドアのガイドブックシリーズ(『Fifty Places Before You Die(死ぬ前に訪れるべき50か所)』)のほか、ニューヨークタイムズ紙、ウォールストリート・ジャーナル紙、ニューヨーカー誌、トラウト誌などでも執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Takeya さん

    約9500年前に家畜化され、文明の伝播とともに世界中に広がったネコ。人を魅了してやまない彼らの存在は、鳥類や哺乳類をはじめとする生物群にどのような影響をもたらすのか。捕食による希少種の絶滅や、人や海棲哺乳類への病気の媒介、TNR(捕獲・不妊去勢・再放逐)の有効性など、野放しネコと環境との関わりを科学的に検証するとともに、各国で行われている対応策とその効果を紹介する。

  • 読書ニスタ さん

    外来種である野良猫の在来種への絶滅圧は、想像を超える。遊びで狩猟する。捕獲、不妊去勢、再放逐は野良猫の数を減らす効果がない。アメリカでの狂犬病の媒介はネコ。トキソプラズマ症、宿主の脳を操る魔の病原菌、ネコが媒介。 人間が犯した悪行は棚上げして、野良猫は、駆逐される。完全ペット化して、屋内で飼うしかない。 その愛くるしさから、人道的な対応が求められるが、ネコは残念ながら人ではない。 ジャレドダイモンド推薦。 岩合さんのネコ歩き好きの身としては、辛いの一言。タバコとか、年寄りの運転と同じ末路。

  • ソウ さん

    原題『Cat Wars』今年イチの衝撃!読みごたえありました。野放しネコ(野生化したネコ、人間に世話されている野良ネコ、屋内外出入り自由な飼いネコ)は、在来の野生鳥獣を大量に(控えめに見積もっても衝撃的な数)殺し、人獣共通の感染症(ペスト、狂犬病、トキソプラズマ等)の媒介者となっている。そして、彼らの最大の援助者は人間。ちなみに、雌猫は生後4ヶ月で生殖可、年3回・一度に3-6頭出産。ネコを生態系の外来捕食動物として捉えた一冊。「あんなにカワイイのに何が危険なの?」愛猫家必読。

  • サメ社会学者Ricky さん

    可愛く見慣れているが、多くの生物を絶滅に追い込む危険のある侵略的外来種ネコを扱った書籍。本書は北米など海外の事例が描かれているが、日本のネコ対策でも参考にできることはあるのではないだろうか。そしてどの国にも、悲しきかな「生態系どうでもいい」系のアンポンタンはいるようだ。

  • tama_lion さん

    オーデュボン協会やRSPBが室内飼い推奨に及び腰というのは意外。猫好きの会員の離反を恐れてるとのことだけど、もうちょい頑張れよと思ってしまう。ペットフードCMや動物病院での啓発というアイディアは良さそう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品