ピーター・スピアー

人物・団体ページへ

きつねのとうさんごちそうとった 児童図書館・絵本の部屋

ピーター・スピアー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566002623
ISBN 10 : 4566002624
フォーマット
出版社
発行年月
1986年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21×27cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • masa@レビューお休み中 さん

    カラーと白黒の絵を交互に混ぜながら話を展開させてゆく。その色の変化が、ページを繰る度に不穏な空気を色濃くさせてゆく。きつねの父さんが、寒い夜に村まででかける。狙いは村の小屋にいる獲物たちである。まずはカモを捕まえ、次にアヒルを捕まえる。きつねの父さんは狩りを終え、急いで家に帰ろうとするも、騒動に気づいた家の主のジョンは、銃を抱えて追いかけるのです。きつねの父さんの運命はいかに!?絵本なのに、妙にハラハラドキドキさせる展開なんですよね。しかも、文章が淡々としているものだから、余計に恐怖をあおるんですよね。

  • たーちゃん さん

    きつねのお父さんが可愛い家族の為にご馳走を捕りに行く。捕まえられてしまった鶏たちはかわいそうだけど、人間だって同じことをしているのですよね。息子も「きつねが生きていく為には仕方ないんだよね」と言っていました。

  • 遠い日 さん

    スピアーの絵がすばらしい。色刷りとモノクロの絵が交代ごうたいに配される。月明かりの下、きつねの父さんの狩り(盗み)が軽やかに描かれる。もともとは歌だったものを絵本に仕立てたお話。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    人の飼っているかもを盗むなんて、悪いきつねだとは思うのですが、きつねのとうさんには、家族のために危険をおかすだけの事情があるのですね。 きつねの目線から描いた物語は、歌が基になっているだけに、展開がスピーディーです。 スピアーのきめの細かい絵と、交互に彩飾とモノトーンの絵が展開されるところがとても印象的でした。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    子ども達のために獲物をとってくるとうさん。アメリカの古い歌を基にした絵本だそうです。カラーとモノクロが交互のページがいいですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品