ピストン、ウォルター(1894-1976)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第2番/同第6番 シュウォーツ/シアトル交響楽団

ピストン、ウォルター(1894-1976)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8559161
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD

商品説明

タイトルもなく、楽章が単なる「アレグロ」だったりと、ほとんど18世紀のような交響曲に拘り続け、調性の枠組みで作曲をするということは、安直なことかといえば否、むしろ茨の道といえましょう。独特の快活さを持つ急速楽章と洗練された美しさに貫かれた緩徐楽章には、確かな個性の刻印があり、当たり前すぎる形式で独自の内容を表現するという離れ業をやってのけているのが、ピストンなのです。例えば第2番の第2楽章、アダージョでの美しい歌の数々をお聴きくだされば、そのことを感得していただけるのではないでしょうか。また、全曲を通じてオーケストレーションの職人芸の確かさは特筆ものです。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
純音楽的交響曲である。特に両作品ともアダ...

投稿日:2013/01/27 (日)

純音楽的交響曲である。特に両作品ともアダージョ楽章の宗教的とも言えそうな抒情性が秀逸。アメリカ音楽の良き紹介者であるこのコンビの演奏に抜かりはなく、聴後に何とも清々しい気分になれる。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
「管弦楽法」の著者としても有名なピストン...

投稿日:2010/12/19 (日)

「管弦楽法」の著者としても有名なピストンですが、よく出来ていても魅力的な曲は多くないように思っています。しかし交響曲第二番は感涙するような魅力を持った作品だと感じています。昔聴いたマイケル・ティルスン・トーマス指揮のものが最高でしたが、この盤はそれに準じて良いです。

テリーヌ さん | 兵庫県 | 不明

0

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品