究極のライフル ハイパーショット 扶桑社ミステリー

トレヴァー・スコット

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594050078
ISBN 10 : 4594050077
フォーマット
出版社
発行年月
2005年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,437p

内容詳細

ドイツの銃器メーカーが、驚異のライフルを開発した!桁外れの威力を持つ銃で、これに最新鋭の画期的な照準望遠鏡を装備すれば、まさに悪魔の兵器となる。世界中で制式銃として採用され、莫大な富を産むだろう。この銃を狙って、各国の兵器産業が動きだした…一方、現地で、連続射殺事件が発生する。凶器は凄まじい殺傷力を持つ小銃だという。謎めく事件に、新型銃の争奪戦がからみあい、プロ同士の戦いは、ドイツからアメリカの原野へ―軍事スリラーの俊英が放つ、壮絶な謀略アクション。

【著者紹介】
トレヴァー・スコット : 海軍では空母に乗艦し、空軍ではミサイル部隊でドイツに駐留した、銃器のプロ。一方で、大学院で創作の修士号を取得。CIA工作員を主人公にしたシリーズでデビュー。軍事に関する知識とたくみな筆力で、高い評価と熱い注目を集めている

棚橋志行 : 1960年生まれ。東京外国語大学英米語学科卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Ryosuke さん

  • ゾンビ屋ろめろ さん

    技術者視点の話っていうのは結構新しいな。大抵は狙撃者視点だから。なかなか新しい切り口のネタが多かったけど最後はちょっとサックリしすぎかな。

  • w_h_o さん

    流行(?)のレールガンの物語。疾走感もあり楽しめた。途中でストーリーが読めてしまうのが残念。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

トレヴァー・スコット

海軍では空母に乗艦し、空軍ではミサイル部隊でドイツに駐留した、銃器のプロ。一方で、大学院で創作の修士号を取得。CIA工作員を主人公にしたシリーズでデビュー。軍事に関する知識とたくみな筆力で、高い評価と熱い注目を集めている

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品