ビジュアル大百科 元素と周期表

トム・ジャクソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784759819632
ISBN 10 : 4759819630
フォーマット
出版社
発行年月
2018年08月
日本
追加情報
:
208p;29

内容詳細

水素からニホニウムまで、118の元素がぜーんぶのってる!

目次 : 水素/ アルカリ金属/ アルカリ土類金属/ 遷移金属/ ランタノイド/ アクチノイド/ ホウ素族/ 炭素族/ 窒素族/ 酸素族/ ハロゲン/ 貴ガス

【著者紹介】
トム・ジャクソン : イギリスで活躍するサイエンスライター。ブリストル大学で動物学を学んだ後、ジンバブエやベトナムで自然保護活動を行う。20年にわたって幅広いテーマで一般向けの啓蒙書を執筆

ジャック・チャロナー : インペリアル・カレッジ・ロンドンで物理学を学びロンドンの科学博物館に勤務したのち、サイエンスライターとして活躍

藤嶋昭 : 東京理科大学栄誉教授。1942年、東京都生まれ。東京大学大学院博士課程修了、工学博士。1967年に酸化チタンを使った「光触媒反応」を世界ではじめて発見し、化学界で「ホンダ・フジシマ効果」として知られる。1978年から東京大学工学部助教授、教授などを経て、2005年に東京大学特別栄誉教授。2010年から2018年3月まで東京理科大学学長

伊藤伸子 : 翻訳家・ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • えすてい さん

    水素から順番に原子番号1番から始まっていくものではない。色んな「属」グループ別に分けた掲載である。ただし、その元素の実物(天然での鉱石・結晶など)を大きな写真で載せ、実際にその元素やその化合物が使われている製品も載っているのは分かりやすい。放射性の人工元素は加速器の中で作られてほんの短時間で消滅してしまうので、写真は載せられない。しかし、普段馴染みのないランタノイドやアクチノイドの天然元素の実物写真が鮮明なカラー写真で載っていることは、元素の多様性を知る上で非常に興味深い。

  • 白猫リラコ さん

    水兵リーベ僕の舟と覚える以上に興味も持てなかった元素。その後元素の本や、ノーベル化学章やニホニウム生成のニュースなどを見るにつれ、元素の勉強足りてないでしょ私⁉︎と、内心忸怩たる思い。 ドレスの如く美しい元素たちの魅惑的な写真と、その性質を生かして身近なものへの利用や活用など、美しい上にこんな事に使われてるとは!元素! 中高生の頃、この本に出会っていたらもしかして、なにかと何かをカップリングして、ニャントカニウム元素を新しいなにかに活かす技術の研究などをしていたかもしれないな、わたし!Netgalley

  • kaz さん

    それぞれの元素が含まれる鉱石、実験室で製錬した単体、使用例の写真が美しい。20世紀の初めにはガラス製品の着色剤にウランが使われていた、フッ素の単体はほんの少量を空気に加えただけで人を殺すことができるほど危険である、コバルトの名前は小悪魔から来ている等々、雑学も楽しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品