デイヴィッド・j・リンデン

人物・団体ページへ

触れることの科学 なぜ感じるのか どう感じるのか 河出文庫

デイヴィッド・j・リンデン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309464893
ISBN 10 : 4309464890
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
341p;15

内容詳細

なぜ、やさしく撫でられると気持ちいいのか―?人間や動物における触れ合い、温かい/冷たい、痛みやかゆみ、性的な快感…目からウロコの実験シーンと驚きのエピソードの数々。科学界随一のエンターテイナーが誘う触覚=皮膚感覚のワンダーランド。

目次 : プロローグ カリフォルニア州マリブ、1975年夏/ 第1章 皮膚は社会的器官である/ 第2章 コインを指先で選り分けるとき/ 第3章 愛撫のセンサー/ 第4章 セクシュアル・タッチ/ 第5章 ホットなチリ、クールなミント/ 第6章 痛みと感情/ 第7章 痒いところに手が届かない/ 第8章 錯覚と超常体験

【著者紹介】
デイヴィッド・J.リンデン : 神経科学者。ジョンズ・ホプキンス大学医学部教授。主に記憶のメカニズムの研究に取り組むとともに、一般向けの解説にも力を入れている

岩坂彰 : 1958年生まれ。京都大学文学部哲学科卒。編集者を経て翻訳者に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓 さん

    無痛症などの異常な触覚の病気の症例が記述されており、戦慄しながら読んだ。薬剤投与で治療が可能らしいが、このような病気にかかる可能性もあるのか……。

  • Vakira さん

    「幸せ、それは痒いところ全てに手が届くこと」byオグデン・ナッシュ(ニューヨークの詩人)。人間の5覚と呼ばれる器官の一つ「触覚」。全て大事な器官ではあるが視覚、聴覚、嗅覚、味覚がなくなっても生きていける。しかし触覚がなくなったら、食べ物を口へ運ぶことが出来なくなり、いずれ死に至る。という実は大事な器官。この本はその触覚にスポットを当てて、脳科学の視点から触覚という感覚発生メカニズムを解説。触れた時の感覚が如何に感知され、神経経由脳のどこに信号が届くのか?熱い、冷たい、痛み、痒み、そして快感。

  • 黒井 さん

    20-94】先日フィジカルディスタンシングという言葉を目にした時、以前書店で見かけた本書の存在を思い出して興味を持った。家族や恋人であっても離れて住んでいれば、直接触れ合わず画面越しに会う事が推奨された2020年春を経た今読むと「優しく撫でられて心地良いと感じる」ためだけの神経が人間に存在する事が興味深い。密を避ける事で近しい人以外の肌に触れる経験が今後もっと減っていったら退化するのか或いはもっと鋭敏になるのか?VRの進化はそういう触覚の欲求を満たす方向へも進むのか?なんて未来への疑問が湧くばかり。

  • 武井 康則 さん

    生物の最初の感覚は触覚だろう。光が網膜を刺激、空気振動が鼓膜を刺激、ニオイ成分が鼻腔内のセンサーを刺激、味の素となる物質が味蕾を刺激と、すべては触覚なんだろうが、この本はそのものズバリ、ものを触る、その感覚とどう知覚するか。各章面白いエピソードから入るのだが、神経や脳、その他の解剖学?的、医学?的専門用語が出ると、ギブアップ。とても良心的で良い本だ。求めている人が読めばきっと最高だろう。

  • roughfractus02 さん

    本書の真面目さとユーモアは皮膚がテーマだからだろう。小指をぶつけると痛みが続くのはA繊維での異常の伝達後、低速のC繊維経由での伝達が続くからだという。逆に低速のC繊維が活発な部位ではゆっくり撫でると心地よく感じられる。一様に見える皮膚にも分類がある。構造別に有毛/無毛の2種があり、機能別に質感(メルケル盤)、握力調整(マイスナー小体)、振動感覚(パチニ小体)、引っ張る力の感知(ルフィニ終末)があり、点字識別ではメルケル盤が働く。脳は皮膚が神経繊維を通じて伝達する情報を選択する。脳は支配者だ、と著者は言う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品