チーズの事典 絵画・建築・映画・文学で味わう

チーズ王国

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416518892
ISBN 10 : 4416518897
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
追加情報
:
256p;19

内容詳細

各種チーズの製造方法・特徴・食べ方から歴史的背景や文化まで、観て読んで楽しめる、はじめてのチーズの教養本。

目次 : 01 白カビタイプ/ 02 青カビタイプ/ 03 セミハードタイプ/ 04 ハードタイプ/ 05 ウォッシュタイプ/ 06 シェーヴルタイプ/ 07 フレッシュタイプ/ チーズに合うワインとパン/ Fromage Q&A

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    サイゼリヤとかでも一部いろんなチーズがあるが、チーズだけでもこんなに奥が深いとは知らなかった。そしてそれぞれに纏わる逸話も良かった。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    チーズに纏わる映画や絵画、小説の紹介は牽強付会に思える部分もあるが、チーズの魅力が伝わってくる本。修道院での知恵が農家に伝わったり、領主の目をくすね、わざと残した牛乳でチーズ作りなど、産地毎のチーズエピソードは特色豊か。そして熟成具合によって同じチーズでも風味が異なるのは面白いですね。また、黴が生えても表面をこそげ落とせば大丈夫やチーズはぴっちり、ラップ保存や乾燥が嫌いなど、知らないからこそ、していたチーズへの過小評価からの食べ方を反省。チーズ毎にお勧めのパンやワインの紹介もあって助かります。

  • takakomama さん

    フランスのナチュラルチーズ7種類のカテゴリーで45種類。今も伝統的な製法で作られているチーズの製造過程、産地にまつわる絵画や建築、映画などをオールカラーで紹介しています。チーズや絵画など、私の好きなものばかり。私は何も知らず、プロセスチーズしか食べてなかったようです。いろいろなチーズを食べてみたいけど高そう・・・

  • おおきなかぶ さん

    勉強になりました。近くで沢山の種類のチーズを選ぶにはデパ地下がありますが、何となくチーズのコーナーは敷居が高そうで、近寄り難く感じます。店員さんに話しかけられるのも面倒ですし、結局、近所のスーパーで限られたモノから購入する事が殆ど。一度、立ち寄ってみようかな。

  • めいめい さん

    写真とかすごくきれい 切り口が新鮮

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品