完全版ピーナッツ全集 18 スヌーピー 1985〜1986

チャールズ・M・シュルツ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309629186
ISBN 10 : 4309629180
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
344p;20X22

内容詳細

チャーリー・ブラウンたち、サバイバル・キャンプに行く。キャラクター・ビジネス大好きタピオカ・プディング初登場。第3回配本。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アマニョッキ さん

    長嶋有さんの俳句に「ため息を覚え少年夏の空」という句がある。チャーリー・ブラウンの句だ。「やれやれ」と聞いて村上春樹を思いだす本の虫の皆様も多いと思うが、わたしのなかで「やれやれ」の本家といえばチャーリー・ブラウンだ。漫画では「sigh(ため息)」と訳されることが多いが、アニメではチャーリー・ブラウンがあの高くて少しくぐもった声で「やれやれ」と言う。村上春樹がそれを真似したって説もあるんだぜ。あれ、わたしはなんの話をしてるんだっけ?とりあえず全巻ほしいけど高いから買えないのがつらい。やれやれ。

  • ぐうぐう さん

    チャーリー・ブラウン「たいした犬だよ、きみは! ぼくの名前さえ覚えてないんだろ! イニシアルはC・Bだ、名は有名な俳優、チャップリンと同じさ… 姓は『王冠(クラウン)』と韻が合う」スヌーピー「ヒントをくれよ! もっとヒントを!」キャラクターとしての人気の高さに比べ、あまりコミックが読まれていない日本では、スヌーピーが飼い主の名を覚えていない事実を信じられない人が多いだろう。キュートな姿形からは考えられない、このドライな対応は、しかし『ピーナッツ』の世界観を如実に象徴もしているのだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャールズ・M・シュルツ

1922年、米国ミネソタ州セントポール生まれ。26歳で新聞連載コミック作家としてデビュー。世界中の人々に愛される連載コミック『ピーナッツ』を50年間書き続ける。2000年2月、逝去

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品