チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

CD

チャイコフスキー:弦楽セレナード、モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク 小澤征爾&サイトウ・キネン・オーケストラ

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD50034
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

DECCA BEST 100
デッカ創立80周年記念企画 全100タイトル


クラシックの名門デッカ、最新にして最強のベスト100
ショルティ、アシュケナージ、ゲルギエフ、小澤征爾、内田光子、諏訪内晶子、パヴァロッティ等、新旧のビッグ・アーティストによる演奏ばかり!

チャイコフスキー:弦楽セレナード、モーツァルト:アイネ・クライネ
小澤征爾&サイトウ・キネン・オーケストラ


ロマン的な情感を表出させつつ、バロックや古典的形式への接近も見られる、モーツァルトへのオマージュとして作曲されたチャイコフスキーの弦楽セレナード。清冽な活気と優美な楽想を湛えた、弦楽四重奏曲を思わせる簡潔なまとまりを見せる、珠玉の名作として人気の高いモーツァルトの『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』。小澤征爾が指揮するサイトウ・キネン・オーケストラの弦楽セクションによる精緻にして豊潤な演奏です。(ユニバーサルミュージック)

【収録情報】
・チャイコフスキー:弦楽セレナード ハ長調 作品48
・モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K136
・モーツァルト:セレナード第13番ト長調 K525『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』
 サイトウ・キネン・オーケストラ
 指揮:小澤征爾

 録音:1992年9月、岡谷(デジタル)

「デッカ・ベスト100」5つのポイント
・デッカ、旧フィリップスの膨大なカタログから名演・名盤をセレクト。
・バッハからショスタコーヴィチまでのクラシックの主要レパートリーを網羅。
・小澤征爾のニュー・イヤー、ゲルギエフの展覧会の絵、内田光子のベートーヴェン、諏訪内晶子のメン&チャイ等、最新の名盤を多数収録。
・ベームのロマンティック、ショルティのワーグナー、ハスキルのモーツァルト、イ・ムジチの四季等、永遠の名盤も。
・オリジナル・ジャケットを生かしたデザイン。

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
久しぶりに聴いています。やはり歴史に残る...

投稿日:2018/06/30 (土)

久しぶりに聴いています。やはり歴史に残る大変素晴らしい演奏といえますし、数ある小澤先生の録音の中でも最も素晴らしいもののひとつです。私は新譜として聞いたのですから25年も経ったわけで、これからも何度か手に取ることでしょう。この盤はクラシック初心者にも聴いてもらっても感動すること必至。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
みずみずしく弾むような音作りが魅力のモー...

投稿日:2012/06/09 (土)

みずみずしく弾むような音作りが魅力のモーツァルトと深くコクの有る音作りが魅力のチャイコフスキー。そしてどちらも美しい響きがたまりません。

びびり さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
 今年、名前を変えてしまうらしいサイトウ...

投稿日:2011/01/22 (土)

 今年、名前を変えてしまうらしいサイトウ・キネン・オーケストラと小澤征爾さんの原点とも言えるアルバム。美しい弦の響き、やや、人口臭のするエコーが、たまに傷ですが、深く良く歌い、師の教えを、見事に花開かせる事となった、名曲、名演の一枚。後に、世界的評価を受ける事となるのも、当然と思わせる。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品