ダライ・ラマ、イエスを語る 角川21世紀叢書

ダライ・ラマ14世

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784047912946
ISBN 10 : 4047912948
フォーマット
出版社
発行年月
1998年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
341p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • fishdeleuze さん

    キリスト者のコミュニティに猊下を招き,福音書のテクストについてコメンタリーを求め,皆で瞑想するという会議の記録。カトリックの側がチベット仏教の活仏に福音書を委ね,放下している。形而上学的にはけして相容れない二つの宗教であるが,信仰レベルでは類似点も多い。だがいたずらに相同性や相違点に拘泥することなく,福音書のテクストの本質を,仏教的霊性から解釈し,読む。あらたな視点から読まれることで,キリスト教徒にとってはあらたな読みと理解がもたらされる。多様なものは多様なままでという姿勢に共感。

  • yesod さん

    ダライ・ラマがカトリックの会に招かれ、キリスト教を語ったもの。共通する多くの点を紹介し、相違点ですらも決して非難することなく、尊重し、言葉を選びつつユーモアを交えて語られている。それぞれその人に合った宗教を持ち、それを尊重しあうことが望ましいという見解。宗教のトップがみんなダライ・ラマのような考えだと、争いはなくなると思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ダライ・ラマ14世

1935年、チベット東北部タクツェルに生まれる。十三世ダライ・ラマの化身として迎えられ、40年、第十四世に即位。50年、中国の東チベット侵入に際し、亜東に身を移す。翌年、チベットの平和解放に関する十七か条協定調印。ラサに帰還後の59年、チベット全土で起こった反乱、それに対する中国側の弾圧によってイン

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品