ダミアン・トンプソン

人物・団体ページへ

終末思想に夢中な人たち

ダミアン・トンプソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784881357644
ISBN 10 : 4881357646
フォーマット
出版社
発行年月
1999年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
353p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スプリント さん

    やや難解でしたが楽しめました。キリスト教を中心とした終末思想が時代が移り変わるにつれてどのように変化をしたのか、日本や韓国において終末思想が暴走した文化的背景など取り上げている範囲は幅広いです。

  • hixxxxki さん

    歴史の終わりにおいて、善と悪の戦いが起こり、最終的に悪は滅び、善が勝利するという終末思想。それはゾロアスター教で生まれ、ユダヤ教、キリスト教を経由し、オウム真理教などにまで受け継がれている。終末思想の図式を当てはめることで、十字軍は敵を滅ぼす必要のある悪と決めつけ、大量殺戮へと至ったというのは面白かった。ただ単に異教徒だから殺しまくったわけじゃないんだね。他にも、キリスト教内で生まれた、歴史の終わりに神の国が到来するという考えが、歴史内で神の国が到来するという考えを派生し、進歩という概念に影響を与えたとい

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ダミアン・トンプソン

書籍編集者。『ザ・ワールド・オブ・インテリア』誌副編集長

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品