ジブリの教科書 9 耳をすませば 文春ジブリ文庫

スタジオジブリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784168120084
ISBN 10 : 4168120082
フォーマット
出版社
発行年月
2015年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
239p;16

内容詳細

みんな何かを探してがんばってる

公開から20年経っても心をとらえる伝説の作品の魅力について、芥川賞作家・朝吹真理子さん、藤本由香里さんらが読み解く。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 瀧ながれ さん

    実は「となりのトトロ」が苦手なのだ。幼少期の祖父母の家があんな感じで、ファンタジーに見えないからだと思う。ジブリで一番好きな話と聞かれたら「耳をすませば」なんだけど、これも正直いうと自分の十代を思い出して、胸がざわざわする。でも心地よく見られる。この作品がほかのジブリと異なるのはなんだろうと思ったとき、最後に掲載されている大塚英志の「『耳をすませば』解題」に、「過度の前向きさ」という表現があり、なるほどと膝を打った。これはまだ、十代のなんにもつまずいてない自分の物語なんだな。そりゃあ気持ちいいわけだ。

  • はるき さん

    ヒロイン雫の視点で語られる世界はキラキラ輝いている。将来の夢があって気になる男の子ができて。ジブリには主人公が空を飛ぶ作品が多い中で、創造の翼で空を舞う雫の浮遊感に酔いそうだった。辛口の批評もあるけれど、高校受験を控えた女の子の心の機微を上手に救い上げた名作だと思う。

  • 波多野七月 さん

    もし、「ジブリの中で一番好きな作品は?」と聞かれたなら。この、『耳をすませば』をあげる人も多いと思います。本が好きな少女、月島雫。バイオリン職人をめざす少年、天沢聖司。2人の運命をつなぐ、図書館の貸し出しカード。地球屋、そして猫の男爵バロン。夢への思い、そして初恋。この作品を観るたびに。名曲、「カントリー・ロード」とともに、心の中にみずみずしい風が吹いていく。開発スタッフや様々な人の思い、作品の魅力がぎゅっとつまった一冊です。どうか、手に取ってみてください。

  • 亮さん さん

    ジブリの教科書 いかにして耳をすませばはできたか。その過程を探る。うーん、最初はなんだかなーと思ってたけどすぐ引き込まれた。等身大の中学生の男女の恋。地方で見つけた少女漫画を宮崎駿は食い入るように読んだ。カントリーロードはいかにしてできたか。歌詞に込めた思い。そしてぶつかり。制作過程における作画に対する意見の食い違い。井上ひさしが解説を。彼らは都会という故郷を書いた。あの団地で狭くてごちゃごちゃしているところを。そう、住めばそこが故郷。それが田舎になる。

  • シグマ さん

    宮崎監督の前では萎縮してしまうスタッフたちも近藤喜文さんという中和剤のおかけでのびのびできたとか、本当に惜しい人を失ったんだと思う。背景へのこだわりの箇所が読んでて楽しかった。つぎみるときも新たな発見があるかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

スタジオジブリに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品