ジブリの教科書 16 借りぐらしのアリエッティ 文春ジブリ文庫

スタジオジブリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784168120152
ISBN 10 : 4168120155
フォーマット
出版社
発行年月
2014年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
236p;16

内容詳細

ジブリ次世代の旗手、米林宏昌の初監督作品。小人の少女と人間の少年との出会いが紡ぐ物語の背景を、梨木香歩、小林紀晴ら豪華執筆陣が読み解く。「ほろびゆく種族」という言葉に込められた真意とは?宮崎駿による企画書、背丈15cmから見る、美麗な世界を見事に創り上げたスタッフ陣の証言を、充実のカラー画とともに収録。

目次 : 1 映画『借りぐらしのアリエッティ』誕生(スタジオジブリ物語『借りぐらしのアリエッティ』編/ 宮崎駿の「経営計画」と麻呂こと米林宏昌の「現実主義」/ 長編アニメーション企画「小さなアリエッティ」80分)/ 2 『借りぐらしのアリエッティ』の制作現場(監督・米林宏昌「翔から見た世界の違いをうまく絵にできれば面白いものになるんじゃないかと思った」/ 作画監督・賀川愛・山下明彦「アリエッティと翔の対比はカットによってまちまちなんです。面白ければ厳密じゃなくてもいいやと」/ 美術監督・武重洋二「人間と小人の世界の違いを美術にも反映させました」 ほか)/ 3 作品の背景を読み解く(目の前の続き、未来の危うさ/ 「ささやかな物の中に、命や精霊が宿っていると考える文化」の歌―セシル・コルベルをインタビューして/ 原作で読み解く『アリエッティ』の世界 ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • asami さん

    ジブリ作品を観ると原作も読みたくなってしまう。まだまだ作品にしてみたい本がたくさんあるみたいで、いくつか紹介してる本に興味を持てたのが嬉しい(^^)

  • よみにゃん子*ママ&絵本初心者 さん

    「きみたちはほろびゆく種族なんだよ」、初見時かなり引っ掛かりを覚えた言葉です。ジブリなのに何だこの卑屈さは、と。今でも見るたび、最後を知っていても引っ掛かり、翔の心情を私なりに解してみてもやはり気になる一言。それは私だけではないようで、本書で多くの方が解釈していました。解釈の内容は読めば良しとして、この言葉は最後へ繋がる重要な役割を持っていることを再確認しました。今回最も興味深かったのは大塚氏の解題。大塚論を取るのなら、残された宿題をいったい誰が果たすのか、ジブリ世代交代の今後がますます気になる限りです。

  • びわこっこ さん

    生物多様性を考える本の1冊として学校図書館に置くかどうかを検討するために読んだ。 人間の家の床下に住む小さな人たち。 人間から食べ物や日用品を「借り」て暮らしているが、 人間に見られたら、その家から引っ越さないといけない。 絶滅危惧種を考えるために良いかもしれません。

  • ゆに さん

    『思い出のマーニー』『メアリと魔法の花』の映画を生み出した米林監督が初めて挑戦した作品。制作の裏側で面白いなと思ったのは、今までは宮崎監督や高畑監督のようなカリスマ性のある二人に引っ張られて現場が動いていたけれど、今作は米林監督の人柄に惹かれて、みんなが米林監督を盛り上げようとした雰囲気があったみたい。長編アニメ映画を作り続けられるのも、米林監督のセンスだけじゃなく、その優しい人柄が関わっているのかも。ただ、米林監督の奥さんのコメントから、家族の負担も大きいのが監督業なのかなとも感じた。

  • ふみ さん

    ものを作るのは大変だと、改めて思った。いろいろな奇跡が重なって、この映画ができてほんと良かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

スタジオジブリに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品