スクリャービン(1872-1915)

人物・団体ページへ

SHM-CD

交響曲第1番、第2番、第3番『神聖な詩』、第4番『法悦の詩』 エリアフ・インバル&フランクフルト放送交響楽団(2CD)

スクリャービン(1872-1915)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD2280
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

スクリャービン:交響曲第1番〜第4番

【スクリャービン生誕150年】【SHM-CD】【グリーン・カラー・レーベルコート】
1872年ロシアに生まれた作曲家、ピアニスト、アレクサンドル・スクリャービン。モスクワ音楽院の同級生ラフマニノフよりもピアニストとして有望視されていましたが手首の故障で作曲家の道へ。ショパンの影響の色濃い後期ロマン派的な作風から出発し、独創的な作風へシフト。調性音楽から離脱した時期は、ドビュッシーが印象主義音楽を、シェーンベルクが表現主義音楽を確立した時期に重なり、現代音楽の先駆者のひとりとされ、ストラヴィンスキー、ベルク、シマノフスキらに影響を与えました。その後、ニーチェ哲学に心酔し、神智学に傾倒。神秘和音を特徴とする神秘主義的な独自の作風で知られます。
 巨匠指揮者インバルが40代の頃に録音した交響曲集。ともすれば混沌とした響きに陥りがちなスコアを首尾よく整理整頓し、オーケストラを美しく鳴らした演奏です。23年ぶりの再発売です。(メーカー資料より)

【収録情報】
スクリャービン:
1. 交響曲第1番ホ長調 Op.26
2. 交響曲第2番ハ短調 Op.29
3. 交響曲第3番ハ短調 Op.43『神聖な詩』
4. 交響曲第4番 Op.54『法悦の詩』


 ドリス・ゾッフェル(メゾ・ソプラノ:1)
 ファウスト・テンツィ(テノール:1)
 フランクフルト聖歌隊(1)
 フランクフルト放送交響楽団
 エリアフ・インバル(指揮)

 録音時期:1979年(1,4)、1978年(2,3)
 録音場所:フランクフルト
 録音方式:ステレオ(アナログ)

内容詳細

インバル指揮、フランクフルト放送響による、スクリャービンの交響曲第1番〜第4番を収録(1978、1979年録音)。スクリャービン特有の神秘的なハーモニーを、混沌とさせることなく端正に音を整え、すばらしい響きを鳴らした名演が堪能できる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スクリャービン(1872-1915)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品