ジョーン・エイケン

人物・団体ページへ

ささやき山の秘密

ジョーン・エイケン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784572004321
ISBN 10 : 4572004323
フォーマット
発行年月
1978年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
347p;22

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ocean さん

    同じ作者の「ダイドーの冒険」シリーズと同じ時代、世界設定のようで、19世紀前半の、実際の歴史とは若干異なった世界を舞台にした物語。「ダイドー」シリーズにはわりと荒唐無稽で大仕掛けなものが多いのに対し、この作品はよりリアルな冒険小説となっています。主人公の少年は不良グループにいじめられ、こそ泥に誘拐され、祖父からは愛想を尽かされ、と散々な目に遭いながらも町の宝である竪琴を護ろうと必死に奮闘し、兄妹のような仲のジプシーの少女が時にすれ違いながらも少年を助けます。この少年と少女の活躍がとても爽やかな物語です。

  • いるあ さん

    日本にはジプシーというものが来ないイメージがあるため、ジプシーに対する態度が悪すぎるような気がしましたが、もし自分たちのところに異種族が来たらこのような反応をしてしまうのだろうか、と少し考えさせられてしまいました。今まで読んできたエイキンの作品は悪者だけが死ぬという話だったのに、今回は良い人まで…。それでもやっぱりエイキンの作品は好きです。

  • ヴェルナーの日記 さん

    さすがジョーン・エイケンの作品で伝説のテイルツーの竪琴をめぐる物語。エンターテイメント性に富み、スリルとサスペンス溢れた作品になっている。読者を話に引き込む手法は逸品で、それぞれの人物の性格がしっかりと完成されていてブレがなく、とても個性的に描かれている。 ただ、翻訳のうえから言えば、皇太子のジョージ(後のジョージ4世)が関西弁というのは、いかがなものか(いくらウェールズ訛りがあるといっても…)!?あと悪党のビルクとプリグマンが江戸っ子の口調は愛嬌??でも、架空のイギリスが舞台なのでアリかも……。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品