ジョン・バーニンガム

人物・団体ページへ

ねえ、どれがいい? 評論社の児童図書館・絵本の部屋

ジョン・バーニンガム

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566001985
ISBN 10 : 4566001989
フォーマット
出版社
発行年月
2010年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
31cm,32p

内容詳細

「ねえ、どれがいい」と問いかけながら、次々と繰り出されるのは、とんでもない選択ばかり。子どもたちは「どれもイヤ」といいながら、大喜びであれやこれや悩む…。ベストセラー絵本の待望の改訳新版。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あすなろ さん

    どれがいい?と尋ねるも、大人も子供も、どれもいやー、となる事請け合いの各頁。そういう意味で皆の笑顔が笑いが、そして次頁へのワクワクが生まれる絵本。絵もなかなか可愛い。

  • ♪みどりpiyopiyo♪ さん

    「ねえ、どれがいい?」と差し出される選択肢が、大人の目でみると「どれもいやー!」って言いたくなる設問もあるんだけど、これ、ちいさい人たちには どれも楽しいんだろうなー♪ バーニンガムさんのそーいうところ、ほんとすごい! ま、でもさ、何はともあれ おふとんさいこー☆

  • ベーグルグル (感想、本登録のみ) さん

    楽しかった〜。あまりの究極な選択に、どっちもイヤ(笑)と思えるのも多かったけれど、子供とワイワイしながら楽しめると思います。少人数の読み聞かせにもオススメです。

  • たまきら さん

    先に続編を娘と読み、第一弾は読み聞かせで大うけ(娘の機嫌は損なってしまいましたが)。まさか先に読んでおくことに娘がそこまで執着しているとは知りませんでしたよ、オカン。昨日はそのまま機嫌が直らず、大喧嘩になりました。PMSは理解していただきたいんです、お母さん。

  • たーちゃん さん

    なかなか極端な選択肢だけど、息子にも「どれがいい?」とか聞きながら楽しめました。前半の息子の答えは「どれもイヤだー」でした(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョン・バーニンガム

1936‐2019。1936年イギリスに生まれる。1963年に初めて出版した絵本『ボルカ はねなしガチョウのぼうけん』で、ケイト・グリーナウェイ賞を受賞、その後『ガンピーさんのふなあそび』でも同賞を受けた。妻は絵本作家のヘレン・オクセンバリーで、3人の子どもと7人の孫がいる(本データはこの書籍が刊行

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品