ジョルジュ・シムノン

人物・団体ページへ

マンハッタンの哀愁 シムノン本格小説選

ジョルジュ・シムノン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309205342
ISBN 10 : 4309205348
フォーマット
出版社
発行年月
2010年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,237p

内容詳細

孤独と苦悩と幻滅の極にあった中年の男女が、ある夜マンハッタンの場末のバーで偶然出会い、三流ホテルの部屋で互いの過去を忘れるかのように激しく求め合う…。味わい深い対話と微妙な心理が交錯する傑作恋愛小説。

【著者紹介】
ジョルジュ・シムノン : 1903‐1989。フランスの小説家。ベルギーのリエージュの貧しい家庭に生まれる。15歳で学校をやめ、パン屋、本屋などに勤めた後に16歳で地方紙の記者になり、18歳で処女作『めがね橋で』を発表して作家デビュー。26歳で発表した『怪盗レトン』からはじまる“メグレ警視シリーズ”は八十四篇を数え、各国語に翻訳されて世界的な名声を博す。生涯で三百点を超える作品を発表

長島良三 : フランス文学翻訳家。1936年東京生まれ。明治大学仏文科卒業。早川書房編集部を経て翻訳家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 星落秋風五丈原 さん

    よしながふみの漫画『アンティーク』で小野が「始まって15分で二人は知り合ってセックスして残りの1時間45分はずっと喧嘩してる」と評していたフランス映画そのものの筋立て。シムノンの実体験をほぼそのまま小説化したそうで出版されるなりベストセラー。フィクションでは妻が先に浮気したことになっているのはせめてものエクスキューズか。恋愛相手の経験値や動向は気になるくせにいなくなるとちゃっかり行きずりの恋をするのは男ならでは。そして思いっきり主人公の自己弁護度高し。いい気になってますね。

  • るは さん

    映画を見てよくわからなかったので補完の為読んだ。映画の脚本は正直イマイチだったけれど、イライラ不機嫌で不安定な男を演じたモーリス・ロネが、この本に描かれている男の内面をかなり忠実に表現していたんだとわかったことは驚きであり収穫だった。本の中のケイはまるでカポーティの『ティファニーで朝食を』のヒロインのその後のようだと思った。自分の病気の子供の枕元で恋人のことばかり考えてしまうケイの女としての部分がリアルだけどなんとなく許したくない感じ。シムノンの本を初めて読んだけれど、訳のおかげもあってか読みやすかった。

  • 7kichi さん

    とても静かなシムノン。

  • kotatsu さん

    孤独というのは意外と居心地が良くて、そこから抜け出し先を歩くことは難しい。

  • ワッピー さん

    マンハッタンの暗い片隅で哀しい魂が求めあい、傷つけあう。ああ、大人の孤独、そして・・。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョルジュ・シムノン

1903‐1989。ベルギー、リエージュ生まれ。中等学校を中退後、職を転々とした末、「リエージュ新聞」の記者となる。1919年に処女作“Au Pont des Arches”を発表。パリへ移住後、幾つものペンネームを使い分けながら、大衆雑誌に数多くの小説を執筆。「怪盗レトン」に始まるメグレ警視シリー

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品