ジョゼフ・ディレイニー

人物・団体ページへ

魔使いの秘密

ジョゼフ・ディレイニー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488019587
ISBN 10 : 4488019587
フォーマット
出版社
発行年月
2008年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,410p

内容詳細

師匠の魔使いと魔女の女の子とともに暮らすトムは、アングルザーク高原へ移ることに。ところが、師匠の元弟子が冬の魔王を目覚めさせようと画策。魔使いに代わり、トムは野望を止められるのか。好評シリーズ第3弾。

【著者紹介】
ジョゼフ・ディレイニー : 1945年イングランド北部ランカシャー生まれ。ランカシャー大学卒業。ブラックプール・シックスス・フォーム・カレッジでメディア及び映像関連について教えるかたわら、大人向けの小説を書いていたが、エージェントの勧めで初の児童書『魔使いの弟子』(創元ブックランド)を書いたところ成功

金原瑞人 : 翻訳家・法政大学教授

田中亜希子 : 千葉県生まれ。銀行勤務ののち翻訳業に。絵本の読み聞かせの活動もおこなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • やよひ さん

    3巻。季節が変わり舞台は冬の家へ。暗くて深い峡谷にひっそりと建つ家は、トムだけじゃなく読み手のこちらまで気分が沈み、チペンデンの家に戻りたくなります。魔使いが後半またまたダウンしてしまったので今回もトムが大活躍。弟子になりたての頃と比べると格段に思慮深い行動がとれるようになって成長がうかがえます。魔使いとの会話もだんだん打ち解けた感じになったし、弟子としても認められてきたのがわかります。次回、魔女の集団と対決らしいので、師匠と弟子の協力攻撃みたいのが見られるといいんですけど。

  • よきし さん

    順番を間違えて4作目を先に読んでしまったのでちょっと話が前後している。今作はトムが物事を引っ掻き回す。冬の家。師匠の秘密。破門した弟子。父の死。冬の魔王ゴルゴス。師匠の辛い恋とその歪んだ関係。感情に囚われて判断を誤るトム。除け者にされて怒り狂うアリス。そしてネクロマンサーになり邪神復活を図るかつての弟子モーガン。さまざまな想いが錯綜する冬の高原での日々は、重く暗く、先の見えない戦いだった。師匠が苦しみながら選択したものは、今度こそ正しい選択だったと信じたい。(メグと母の共闘とかもあるのかな)

  • tom さん

    シリーズ三作目。主人公は、魔使いの「弟子」。弟子とはいえ、しばしば、師匠は役立たずになってしまって、主人公は、自分の判断で出来事の解決を迫られる。このあたりが、この本の面白さなのかしら。まだまだ続くから楽しみが続く。

  • もめん さん

    寒いのは嫌ですね、やっぱりチペンデンの家がいいですね。今回も肝心なときに師匠!でしたがいつもより活躍していたかも。メグの出番があるせいか アリスの活躍は少な目です。やはりこの物語大きく広がっていきそうです、次もたのしみです。

  • み〜くま さん

    人々を「闇」から守るためとはいえ、生きながらにして穴に封じ込められる魔女たちは哀れです。だからこそ、魔使いは「薬漬け」にすることを選んだのでしょうが、やはりそれを「正しい選択」だとは思えませんでした。闇と光との間で揺れ動くアリスを見ていると、とても胸が痛みます。どうか、アリスとトムが師匠と同じ道を歩むことがありませんように・・・☆若い二人の未来が幸せなものであることを願わずにはいられません。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョゼフ・ディレイニー

1945年イングランド北部ランカシャー生まれ。ランカシャー大学卒業。ブラックプール・シックスス・フォーム・カレッジでメディア及び映像関連について教えるかたわら、大人向けの小説を書いていたが、エージェントの勧めで初の児童書『魔使いの弟子』(創元ブックランド)を書いたところ成功

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品