ジャン ヨーゼフ・ブルンナー

人物・団体ページへ

西洋の鍵 4千年の歴史にみるすぐれた機能とデザイン

ジャン ヨーゼフ・ブルンナー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766138047
ISBN 10 : 476613804X
フォーマット
出版社
発行年月
2023年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
224p;25

内容詳細

紀元前約2000年の古代オリエントにはじまる鍵の歴史。鍵は、時代の移り変わりとともに、時に実用的に、象徴的に、そして時にこのふたつの役割を担いながら発展してきました。木や骨、青銅、錬鉄、金銀など、さまざまな素材からなる鍵先、軸、環に動物や植物、神話、紋章、王冠、モノグラム、紋様などのモチーフが完璧にデザインされ、各時代の様式美を今に伝えています。本書では、ヨーロッパの主要美術館や個人が所蔵するコレクションとともに約4000年の鍵の歴史をたどりながら、西洋の鍵のすぐれた意匠と美を紹介します。

目次 : 鍵の形態学/ 紀元前約2000年/ 古代ギリシアの鍵/ 湖上住居の鍵/ ケルトの鍵/ ローマ時代の鍵/ パレスチナの鍵/ 中世初期からカロリング朝にかけての鍵/ ヴァイキングの鍵/ ロマネスク様式の鍵/ ゴシック様式の鍵/ ルネサンス期の鍵/ 名匠の鍵/ 教会の鍵/ 侍従の鍵/ バロック/ロココ様式の鍵/ 英国スタイルの鍵/ 重厚なアイアンチェストの鍵/ ふたつの機能を果たす鍵/ 18世紀から20世紀の鍵/ 現代の鍵/ ローマ時代からゴシック時代にかけての鍵の変遷/ ルネサンス期から20世紀にかけての鍵の変遷

【著者紹介】
ジャン=ヨーゼフ・ブルンナー : 西洋鍵のコレクター。アンティークの鍵に魅せられ、収集をはじめる。4年の調査期間を経て本書を執筆すると、長年、待ち望まれた鍵に関する参考書として評価を得た。貴重なコレクションの一部、ケルトおよびローマの鍵は、スイスのヴヴェイ歴史博物館に寄贈され、現在、当館の所蔵する鍵とともに一般公開されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    鍵の約4000年の歴史をたどりながら、各時代を象徴する鍵を解説するとともに名匠や教会の鍵、侍従の鍵など特徴的な鍵を紹介する一冊。紀元前の古代ギリシア、湖上住居、ケルト、ローマ時代、パレスチナ、中世初期からカロリング朝にかけて、ヴァイキング、ロマネスク様式やゴシック様式、ルネサンス期、教会、侍従、バロック/ロココ様式、英国スタイル、重厚なアイアンチェスト、ふたつの機能を果たす鍵を紹介しながら、ローマ時代からゴシック時代にかけての鍵の変遷とルネサンス期から20世紀にかけて鍵の変遷を解説する興味深い一冊でした。

  • 金監禾重 さん

    鍵を持つのは権力者か富裕者であり、早い段階から鍵は壮麗になった。ウォード錠という錠前側の構造から、柄よりむしろ鍵穴に差し込む部分のほうが目立つように発展した。少しぶつけただけで歪んで使えなくなりそうな繊細なものもある。ルイ16世がハマったのはウォードの工夫か。

  • skr-shower さん

    他地区図書館本。鍵の造形は美しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品