ジャン・ジャック・ルソー

人物・団体ページへ

エミール 下 岩波文庫

ジャン・ジャック・ルソー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784003362235
ISBN 10 : 4003362233
フォーマット
出版社
発行年月
2007年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,419p

内容詳細

自然と社会との対立や、自然の優位についてルソーがその処女論文「学問芸術論」以来一貫して主張してきた考えを教育論において全面的に展開した著作。エミールなる人間の教育方法とともに、その妻たるべき少女ソフィーの教育をも加えて、小説形式で述べた教育思想史上不朽の古典。巻末にルソーがスケッチ風に自画像を描いた「マルゼルブへの手紙」を収録。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 月六 さん

    ルソーの思想のすべてが詰まった教育論、完結編。ここではエミールの妻となるべき少女ソフィーの教育などについても併せて書かれている。人間はもともと善良であると信じたルソーは、良心の声に素直に耳を傾けることをエミールに教えこんだ。師の声は、その教え子に、そして私たち読者に優しく語りかける。「エミール、幸福にならなければならない。これはあらゆる感覚をもつ存在の目的なのだ」…。人間の善良さを絶えず尊重して一組の夫婦を育てあげた本書は、私たちに人間を愛することを教えてくれる不朽の名作である。あとで書評かきます。

  • イプシロン さん

    冒頭からの女性論・男女論は興味深い。現代社会における男女平等論とは違い、自然状態にある理想の男女を語っていることを見つめて読むべきだろう。そしてその先はいわば本作の醍醐味といってもいい。エミールとソフィーの出会い、そして恋に落ちて結婚を意識する流れ。ただただ美しいとしかいいようがない。だがここで“転”が訪れる。家庭教師はいう――「ソフィーは死んだよ」。もちろん嘘なのだが、死別を観点にいれない結婚は偽の幸福であると。こうしてエミールは旅にでる。こんどは社会のどこにあれば二人が幸福になれるかを求めて。

  • ゆいまーる さん

    十歳のときにはお菓子に、二十歳のときには愛人に、三十歳のときには快楽に、四十歳のときには野心に、五十歳のときには利欲にひっぱり廻される。/書物の悪用は学問を殺す。人々は、読んだことは知っているのだと思い、自分はもうそれを学ぶ必要はないと思いこんでいる。あまりたくさん読むことは、生意気な無学者をつくるのに役立つにすぎない。

  • フジコ さん

    ソフィーの登場にいよいよ女子教育について始まるぞ!と思いきや、あくまでも「エミールの為に」「エミールあってこそ」語る内容であって、やはりどこまでいってもエミールが根本なのだ。色々あったエミールも父親になり、育て親への敬意を心から表した時はグッときた。筆者のエミールへの教育に対する責任感と愛情は熱く究極なもので、読んでいくにつれこの天才的教育者に対し、病的なまでの執着心を見、懐疑してしまう程。ところがマルゼルブへの手紙、付録訳注を読んで、全て納得。純真なまま大人になってしまった孤独なルソーに心がざわめく。

  • ラウリスタ〜 さん

    下はエミールの伴侶となるソフィーと、ソフィーとエミールとの邂逅、恋愛、結婚について。子供の誕生が、エミールの教育の終わりを告げ、これからは、教育をするエミールの相談役となる。全般に非常に面白かった。ソフィーは個人的観点からすると話し相手としてどれほど興味深いのか疑問ではあるが、それはエミールも同様。純朴な青年を育てるっていうルソーの思いからすると理想形なのか。結婚生活のなかなか際どい問題についてもいろいろ語る。エミール全編のなかでもっとも楽しく読める部分。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品