ジャン・アンリ・ファーブル

人物・団体ページへ

ファーブル植物記 上 平凡社ライブラリー

ジャン・アンリ・ファーブル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784582766240
ISBN 10 : 4582766242
フォーマット
出版社
発行年月
2007年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,240p

内容詳細

『昆虫記』のほかに沢山の科学の入門書を残したファーブル。様々な比喩をもって語りかけるスタイルには、19世紀古典の面白さがある。草や木々に対する細やかな見方が深まり、植物への愛情をかきたてる。

【著者紹介】
ジャン=アンリ・ファーブル : 1823‐1915。フランスの昆虫学者、植物学者。南仏の寒村サン・レオンに貧農の子として生まれる。苦学してアビニョン師範学校を出た後、小・中学校の教師をしながら、独学で物理、数学、自然科学の学士号と理学博士号を取る。昆虫の生活史と本能の研究を天職とし、観察と実験をつづけた。1871年教職を退き、「子どものための科学の本」など自然科学の啓蒙書を書く。79年以降セリニャンのアルマスに隠棲して、『昆虫記』全10巻を完成した

日高敏隆 : 1930年東京に生まれる。東京大学理学部卒業。東京農工大学教授、京都大学理学部教授を経て、京都大学名誉教授

林瑞枝 : 1934年東京に生まれる。早稲田大学政治経済学部卒業。駿河台大学文化情報学部教授を経て、現在、著述・翻訳に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • eirianda さん

    ある植物のイメージについて調べていたら、図書館で見つけた本。昆虫記も読んでいないが、植物の擬人化した表現が面白く、最初からじっくり読むことにした。子ども向けに、と本中にあるが、大人向けでも十分。なぜなら、植物を説明しながら、人の生き方はいろいろあるのだ、ということを語っている本だから。理系脳でもないし、植物にそんなに興味もないが、中学生か高校生くらいのときにファーブル先生の理科の授業を受けていたら、理科が好きになっていたかもしれない。さて、下巻へ。

  • あだこ さん

    植物の生態についてなるべく専門用語を用いずに語る。植物の有り様を人間の生活に喩えたり、ときには植物から見た人間の生き様を風刺してみたりと、その語り口が読み物として面白い。

  • 春物 さん

    ファーブル先生の植物詩。昆虫ほど動かず、観察が難しそうな植物にも、ファーブルらしい視線がそそがれています。上下共に読みごたえ抜群。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジャン・アンリ・ファーブル

昆虫学者、博物学者。1823年にフランス南東部プロヴァンス地方の山間部のサン・レオン村に生まれる。幼少の頃から自然世界に対して限りない好奇心を抱いていた。苦学の末に師範学校を卒業。小学校、中学校の教師となり、学校で教えるかたわら、独学で物理学、数学、自然科学などの知識を身につける。そのかたわら、たゆ

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品