ジェームズ・p・ホーガン

人物・団体ページへ

造物主の選択 創元SF文庫

ジェームズ・p・ホーガン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488663209
ISBN 10 : 4488663206
フォーマット
出版社
発行年月
1999年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,491p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • roughfractus02 さん

    原題はThe Immortality Option。本書は物語を喜劇化する役をペテン師からAIに替える。人類とタロイドの二人称関係に後者の造物主で猜疑心の強いボリジャンが加わり、平和が乱される時、喜劇は痛快な笑いをセットする。科学は、脳の誤謬認知を三人称の他者に見出す報酬として笑いをヒトに与えるという。二人称関係から外れる者は、感情移入不能なモノとされ排除可能になるのだ。ボリジャンをバグと見なしデバッグするのは自ら作ったAI「ジニアス」である。こうして喜劇は被造物に造物主を退場させるオプションを行使する。

  • ちゆきち さん

    面白かったです。ロボットも、宇宙人(鳥)も、コンピューターでさえそれぞれきちんと個性があって丁寧に書かれていると思いました。あまりにテンポがよく、愉快なので、手塚治虫の漫画を読んでるみたいな気分になりました。

  • hibimoriSitaro さん

    ReaderStoreで再読。前巻から間があいての続篇(解説に詳しい)。正篇で地球側主人公ザ氏に好感を持てたか否かで評価が割れそうだ。おれはこっちのほうが痛快でいいな。もちろん「造物主」がガニメアンと違った形で登場する。

  • 1nuchi4o さん

    ★★☆ 創造主とは何者なのか?当然気になる部分を取り上げたくれた続編。目まぐるしく展開するストーリーに圧倒されて、ついていくのに必死だった記憶が… ザンベンドルフ自身は、前作よりさらに好感がもてる感じに描かれている。司令官ヤクモが日本人だったのは、なんか嬉しかったな^^

  • なかがわみやこ さん

    あらすじのまとめ方がすごい(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品